いろんなものの値段にこだわる

揚げ物をしたときに衣が残ってもったいなかったので、冷蔵庫に入っていた古いバナナに衣を付けて揚げてみました。結果は、衣の部分はカリカリしておいしかったのですが、中のバナナがもともとあまりおいしいバナナではなかったからか、油っぽいだけであんまりおいしくないものになってしまいました。まあ、こういうことは私の台所では珍しいことではありません。。。
a0172884_06050919.jpg

日本に帰る度に買って帰る日焼け止めがだいぶ減ってきました。まだあと2本あるけど、最後の最後までしっかり使い切ろうという魂胆で、残りわずかになったらこうして容器をハサミで切って使っています。

この日焼け止めは日本では安売りだと500円前後で売ってますが、カナダでは27ドルに重税という辛い状況です。軽くてとても良いのですが、5倍も6倍もの値段は払いたくないぞ、と思ってしまいます。今度帰国するときにはまたしっかり1年分くらいを補充してこなくてはなりません。
a0172884_06055455.jpg

ひえ~!と思うほど高いものもある一方で、いつものオンラインショッピングで「買った」こちらは私の好きなジェルペンの替え芯で、40本もあるのにタダなのです。使いきったジェルペンの容器(?)にぴったりサイズなのでとても助かります。
a0172884_06060508.jpg

ついでにこれも買いました。カナダのドラッグストアで買うのの半額くらいで買えるインソールです。でもとてもしっかりした作りで、前に買った安くて軽い靴に入れてみたら履きやすさが全然違います。仕事も立ち仕事だし、これはとてもいいものを見つけたと思います。

靴はなぜか目玉が飛び出るような値段がついてたりしますが、これはいいものを買った、とても履きやすい、と思っていても、よく見ると履きやすさの正体はインソールだった、ということもあります。
a0172884_06061520.jpg

タニシ友達から追加で3匹のタニーちゃんをもらいました。今回は大きさがだいぶ違って、小さいのは1センチくらいしかありません。これは生まれて1ヶ月半というところでしょうか。今年はうちのタニーちゃんは全然卵を産まなかったのですが、友達のところでは次々にたくさん生まれたそうなのです。なんでだろう???うちの水槽の環境は去年よりも良くなってこそいても、悪くなってることはないと思うのですが。。。

理由の一つとしては、タニーちゃんたちが全員オスだから、ということも考えられます。大きいタニーちゃんはメスなのですがおばあちゃんだし、もともと卵を産むのが下手です。それに、アップルスネールというこの種類のタニシは、卵がたくさん生まれると、その一塊のうちのオスとメスの配分が大きく偏っている傾向があり、ひどいときには100匹中100匹がオス、ということもあるそうなのです。

もしかしたらそれが理由かもしれない、と思いつつも、やはり一面では何か他に問題があるのではという気持ちもあります。まあ、実際、卵がたくさん産まれても捨てなくてはならないのですけれど。。。
a0172884_06053215.jpg

タニシをくれたお友達がハニークリスプというやたらと値段の高いことで有名なリンゴをくれました。これは確かに実がしまっていて甘みと酸味のバランスが良くて、色も真っ赤できれいです。白雪姫を殺したのはきっとこのリンゴね、と疑ってしまいますが、日本のでいえば紅玉に近いかな。なお、紅玉は英語ではジョナサンだそうです。
a0172884_06054451.jpg

by ammolitering6 | 2018-10-17 06:30 | Comments(0)