空港で世界旅行

先日、どちらかというと体型に貫禄のある某氏の運動不足解消のため、空港までウォーキングをしに行きました。空港まで歩いていけばとても良い運動になると思うのですが、実行するとなるとなかなか難しい距離なので電車に乗っていきます。ほんとは森にハイキングに行きたかったのですが、雨になるかもしれないという予報だったし、このほうが楽だという安直な理由もありました。
a0172884_11060168.jpg

空港には原住民のアート作品ばかりやたらとたくさん飾られています。まず第一は変な顔。
a0172884_11062288.jpg

トーテムポール。
a0172884_11065131.jpg

またまた変な顔。なぜこんな変な顔なのでしょうか。不気味な表情に何か意味があるのでしょうか。
a0172884_11070043.jpg

レイバンという鳥。大ガラスです。原住民の話の中ではとても重要な鳥ですが、なぜそんなに大切なのかというと太陽の神様をだまくらかして何か盗んできたからとか何とか、あまり褒められたことをやって英雄視されてるわけではないのです。
a0172884_11071489.jpg

不気味を通り越して怖いのですが。。。
a0172884_11074274.jpg

ダメ押しの気持ち悪さ。これのどこが良くて「これでもか」というほど空港で宣伝してるのでしょうか。
a0172884_11075485.jpg

巨大な魚らしきものとトーテムポール。
a0172884_11080415.jpg

旅立ちを意味するらしい彫刻。
a0172884_11081860.jpg

空港ホテルにも原住民アートがあるので、好きでもないのにわざわざ見にいきました。
a0172884_11083152.jpg

お値段はお問い合わせください、と書いてある現代彫刻。みなさま、お一ついかがですか?なお、うちの居間に入れたら某氏と私とタニーちゃんたちの居る場所がなくなってしまう大きさです。
a0172884_11084187.jpg

銀色だけどやっぱり気持ち悪い彫刻。森でこういう鳥に出くわしたら悲鳴どころでは済まないかもしれません。
a0172884_11085530.jpg

ようやく原住民アートっぽくないのがありました。これは森の一部を切り取ってきて壁に貼り付けたような作品で、つい触ってみたら本物の草です。生きた絵と考えていいのかな?
a0172884_11091700.jpg

ぐるっと回ってこれで終わりですが、これだけ見たらカナダには原住民しか住んでないのかという気持ちになるほど原住民アート一辺倒で、いくらなんでも他のカナダ市民に対して失礼ではなかろうかという気持ちにさえなるようなインテリアなのです。市長さん、ちょっと考え直していただけませんか?
a0172884_11093313.jpg

カナダ航空(エアカナダ)のオフィス(?)のドアには旧名であるトランスカナダ航空の名前を書いた飛行機がデザインされていました。色合いが古臭くていいですね。
a0172884_11094878.jpg

壁に大きなスクリーンがあったので見てみたら、星空が、、、
a0172884_11100675.jpg

おお~、動き出しました!
a0172884_11101740.jpg

なんと、オーロラまで出てきました。オーロラは一度見てみたいと思いつつまだ見てなかったので嬉しいです。
a0172884_11102780.jpg

ぼけっと見てるだけでロッキー山脈にも行けたし、、、
a0172884_11105424.jpg

トロントにも、、、
a0172884_11110669.jpg

そして行ったことのないニューヨークにまで行けたので、本日の空港への旅はとってもお得なものになりました。
a0172884_11111747.jpg

by ammolitering6 | 2018-09-03 14:41 | Comments(0)