チェリージャム大成功

先日のジャム作りで煮詰め具合の難関に阻まれて敗退してしまったので、今度こそと思って再びチェリーを買ってきました。今は旬だし、バンクーバーのあるBC州西部はチェリーの生産地なので安く手に入るのです。これは種を取って重さを計ったらぴったり1キロで、値段は700円くらいです。一ヶ月ほど前にはオーガニックのチェリーがもうちょっと多目に入って3,000円以上したので、だいぶ手が出しやすくなりました。(3,000円のはレジで値段を聞いてびっくりして返しました。。。)
a0172884_05240501.jpg

やはり私には本物志向は敷居が高いと思い、ジャム作りのための添加物ペクチンを買ってきました。前にもこういうのの作り方とおりに作ってちゃんとできたから、と思って今回も安心して説明書を開いてみたら、、、うーむ。。。

いろんな果物の例がついてますが、どれも3カップあたり砂糖を7カップ入れろと書いてあるのです。この前のジャムは1カップあたり2分の1カップだったので、7割る1.5で計算すると4.6倍、、、いくらなんでも砂糖が多すぎはしないでしょうか。ちゃんときれいに固まるジャムを作りたいとは思うものの、それじゃあまりにも甘すぎると思うのです。
a0172884_05233627.jpg

というわけで、せっかく買ったペクチンは使わず、別のレシピを探して砂糖を1カップあたり4分の3カップに増やし、レモン汁も増やしてまた煮詰めました。今度は火の勢いも強めにしてちゃんとぐつぐつと煮て、それでもやっぱり指定の20分後にはまだゆるかったので5分、さらに5分と足して、、、なお、今回は「別にアクは取らなくてもいいよ」という手抜きアドバイスを見つけたので、取らずにやってみました。
a0172884_05250881.jpg

その結果、この前よりも量はずっと多くなりました。この前は煮詰めなおしたら瓶2本で、今回は4本分近くできたのです。
a0172884_05253898.jpg

煮詰め具合を頻繁にチェックしながら最終的にできたジャムがこちらです。色がきれいですね。
a0172884_05261448.jpg

トーストにバターとクリームチーズを塗って、できたてチェリージャムをのせてみました。これはほんとに大成功で、十分甘いけど甘すぎず、ほんのり塩気のあるクリームチーズとぴったりです。砂糖を4.6倍にしないでほんとによかった。。。

煮詰め具合のほうも、今度はちょうどぴったりの感じになり、冷蔵庫から出したときの感じは市販のジャムと同じくらいです。この大成功に気を良くして、また何か作ろうと思っているところです。
a0172884_05264401.jpg

ジャム用ではありませんが、色の白っぽいチェリーも買ってきました。これは真っ赤なチェリーの2倍もするのでほとんど全く買わないのですが、せっかくの旬なので一度くらいはと思ったのです。味は穏やかであっさりしていて、某氏は赤いほうが好きだと言いますが、私はこれも好きです。
a0172884_05271469.jpg

by ammolitering6 | 2018-07-17 05:48 | Comments(0)