シアトルに行きました 3日目 1

シアトル旅行3日目の朝。晴天続きという天気予報とは裏腹に、肌寒い曇天です。
a0172884_03401985.jpg

ところでこれはホテルの部屋の壁にかかっている絵ですが、どことなくSさんの作品のテーマに似ています。こういうのは上下を変えたり左右の配置を変えたりしたらいろいろに楽しめますね。
a0172884_03403377.jpg
前の晩に部屋に置いてあった観光ガイドを見ていたら、ホテルからすぐのところにスターバックスの新しい本店があることが分かりました。ホテルの部屋のコーヒーはまずいので、そこに行って飲むことにしましょう。これはホテルのロビーのダイニングエリアです。
a0172884_03444352.jpg

どうも胃もたれしていて食欲がありませんが、一日中活動するし、と思って朝ごはんを食べました。でも卵はとてもじゃないけど食べられないほどまずかったので、結局フルーツとヨーグルトだけです。
a0172884_04164980.jpg

ホテルの部屋のは別の会社のですが、ダイニングエリアのコーヒーはスターバックスのものです。
a0172884_03443281.jpg
歩いて1分くらいのところにある、こちらがスターバックスの本店です。最初の日に市場で見た小さい店は有名な一号店で、こちらはいろんな最新技術を詰め込んでお洒落に大規模にやってる新しいお店です。

私は数年前に開店したこのお店のことを一応知ってはいたのですが、シアトルに行くことにしても「何はさておいてもあのお店に!」というような意気込みはなく、ガイドブックにひっそりと載ってるのを見て「そういえば」と思い出したくらいだったのです。
a0172884_04201053.jpg

広いですね。ここはやっぱり大混雑するそうなのですが、今はまだそうでもありません。それに、広いので人が大勢詰め掛けても身動きが取れないほどにはならないだろうと思います。
a0172884_04213178.jpg

店内の半分くらいはこうしてコーヒー豆の焙煎工場みたいになっています。
a0172884_04222627.jpg

釜は空っぽだったけど、炒ってるときは香りがいいでしょうね。
a0172884_04240474.jpg

グッズを売ってるところも広々しています。
a0172884_04225781.jpg

お酒を出してるところもあって、朝っぱらから飲んでる人たちがいます。私たちは結局このお店に3回も行きましたが、お客さんは韓国や中国からの団体が多く、日本語は一度も聞こえませんでしたが、2、3人連れのスーツ姿の人たちもいて、日本人だったかもしれません。
a0172884_04232817.jpg

もちろんコーヒーの木もあります。私も昔コーヒーの木を大事に育てていて、コーヒーちゃんと呼んで可愛がっていました。天井に着くほど大きくなって、少しですが花も咲いて実もなったのです。いろんな植物がある中で、今でも一番愛着のある植物の一つです。
a0172884_04204308.jpg

アンティーク風の大きな釜でパンを焼いてるところ。
a0172884_04252972.jpg

いかにも本格的でおいしそうなパンですね。
a0172884_04270375.jpg

小さな菓子パン類も多く、普通のスターバックスのお店にはないものばかりです。でも、さっきヨーグルトを食べたばかりだし、コーヒーだけ飲んでお店を後にしました。
a0172884_04282237.jpg

坂道を下りて中心部に来たら、本屋さんがありました。
a0172884_04294621.jpg

ここも広いですね。
a0172884_04303977.jpg

なんと、漫画のコーナーがあって、それもけっこうたくさんあります。それでも日本の漫画コーナーの大きさに比べたらとても小さいので、漫画を読みたいばかりに日本語を勉強する人が出てくるのも納得できますね。
a0172884_04313413.jpg

本屋さんの裏で見かけたこちらのロッカーには「ハロー、マイ・ネーム・イズ・カルデラ」と書いてありますが、、、
a0172884_04321489.jpg

なんと、これはアマゾンがやってるロッカーで、アマゾンで注文したものを自宅やオフィスではなくこのロッカーで受け取れる、というシステムなのです。カルデラさんは日本でいうコンビニの代わりなのでしょうね。この後はレジ不要で買い物ができるアマゾン・ゴーのお店にも行ってみましたが、牧場の羊のように人間が人工知能に飼育される時代へと、みんなで着実に向かっている気がします。
a0172884_04324455.jpg

金属製のペンギンさん。
a0172884_04331301.jpg

今日はナイターを見るので、それまでは市内観光をするのです。今回、私がどうしても行ってみたいところがあったので、それほど乗り気でもない某氏を引き連れて勇んで向かいました。歩いても行けないことはない距離ではありますが、1駅だけの短かいモノレールがあるので、それに乗ってみます。
a0172884_04335350.jpg

この階段を上れば乗り場なのですが、、、
a0172884_04342566.jpg

その前に「銃器類の持ち込みは禁止」という標識がありました。うーむ、さすがはアメリカです。。。
a0172884_04350428.jpg

モノレールはダウンタウンからシアトルセンターまでの一駅だけを往復していて、片道2ドル50セントです。乗るときに切符を買いましたが、下りるときに回収する人もゲートもありませんでした。
a0172884_04380615.jpg

プラットホームで待っていたら、、、
a0172884_04353543.jpg

すぐに小さなモノレールが来ました。
a0172884_04362121.jpg

中はこんな感じ。
a0172884_04385385.jpg

すーっと動き出しました。モノレールって、一昔前の近未来という感じがします。世界が平和で豊かになっているはずの未来に辿りつけなくて残念でしたね。
a0172884_04393899.jpg

あっという間に終点に到着しました。シアトルで万博が行われたときの名残、スペースニードルです。太陽の塔のようなものですね。ここで一番上まで上ってみるのが正しい観光のあり方だとは思うのですが、私の目的地はそこではなかったのでした。。。
a0172884_04402324.jpg

by ammolitering6 | 2018-05-21 04:40 | Comments(0)