シアトルに行きました 2日目 5 

一日目の夕食だけはレストランを予約しておきましたが、他は実際にシアトルに行ってみてから行き当たりばったりに見つけることにしていたので、ぶらぶらと歩いてこちらのレストランに入ってみました。
a0172884_03254692.jpg

中はこんな感じで広くて、、、
a0172884_03353691.jpg

キッチンが見えるデザインになっています。
a0172884_03355755.jpg

テーブルについたらナプキンがこんなふうになっていて、お洒落な自然派レストランかな、という感じです。メニューを見たら一つ一つのアイテムはメインで20ドル前後のものが多く、外食の高い北米としてはまあ妥当だなと思ったのですが、、、
a0172884_03361604.jpg

こちらのアスパラガスは4本で11ドル。1,220円ですね。ゆで卵と松の実が乗っています。
a0172884_03362635.jpg

なんと、温かいパンがサービスで出てきましたが、このときに怪しいと気づくべきだったのです。
a0172884_03364515.jpg

某氏は本日のお料理から何か選んで、正確な値段は忘れましたが2500円前後で、大きなお皿にちょこっと乗って出てきました。
a0172884_03365846.jpg

私のも約2,500円で、同じくお皿だけ無駄に大きいリゾットです。麦の粒が大きくて歯ごたえがあって、焦げ目のついたアーティチョークとアスパラが乗っています。全部食べれば十分におなかいっぱいになることはなるのですが、正直なところ3口も食べれば十分でした。別においしくないというわけでもないのですけれど。
a0172884_03371136.jpg

デザートは何だか地味で重い感じのものばっかりだったのでお勘定をお願いしたら、ここでは20%のチップが自動的に上乗せされていました。よく見るとメニューにも書いてあって、その20%のうちの2%はレストランがコストをカバーするために差し引いて、残りの18%をサービススタッフで分ける、ということだったのでした。まあ、そういうシステムを受容している社会なので仕方ないのでしょうけれど、2パーセントをお店が差し引いてコストをカバーするって、初めて聞きました。そんなダブルのチップに加えて、もちろん税金もしっかりかかるし、北米の外食はほんとに高いです。

ようやくホテルに向かって歩き始めると、いくらなんでも近すぎないかと思えるビルがありました。ジャッキー・チェンだったら飛びうつれるな、うん、と思います。
a0172884_03380503.jpg

私たちの泊まっているホテルはハイウェーの真横の、8階建てくらいの横長で茶色い建物です。
a0172884_03383529.jpg

せっかく値段の高い晩御飯を食べたのですが、どうもなんだか食事をしたような気がしないので、ホテルのロビーの一角で毎晩日替わりの軽食を無料で出してるところに行きました。
a0172884_03390269.jpg

ビールとワインもあります。
a0172884_03392020.jpg

品揃えはべたべたしたご飯と中華風のチキンとレタスとトマトだけで、悪く言えば貧弱、良く言えばシンプルなので、チキンとレタスとトマトを一口ずつもらいました。すごくおいしいわけではないのですが、なんとなくこれでようやく気持ちが落ち着いたのは私の貧乏性のなせるわざなのでしょうね。
a0172884_03393244.jpg

部屋でテレビをつけたら今日の試合のハイライトを放送していました。うんうん、そうだった、そうだった、と思って楽しかったです。スポーツの中ではやっぱり野球が一番好きです。
a0172884_03400831.jpg

by ammolitering6 | 2018-05-21 03:42 | Comments(0)