正当に豪華なコンサートと不当に高価な食事について

昨日の夜は久しぶりにコンサートに行きました。V君がクリスマスプレゼントにチケットを2枚くれてたので、某氏と一緒に行ってきたのです。V君は仕事の関係でオーケストラのチケットを格安で買えるのですが、席は前の隅っこのほうで一番安い席です。でも、私としてはオーケストラの人たちを間近に見られて、そのほうがいいくらいです。楽団員さんたちの多くは私の常連客なので、おお~、がんばってる、がんばってる、と思って楽しいのです。
a0172884_03071337.jpg

本日の出し物はこちら、左は指揮者のおじさんで、右は見るからに芸術家という感じの青年ピアニストです。この二人を主役にメンデルスゾーンとブルックナーの何とかと何とかが演奏されました。ピアノのお兄さんは頻繁に汗を拭いながら激しく鍵盤を叩きまくる様子が狂気じみていて、これを見るだけでもコンサートに来た甲斐があったと思いました。
a0172884_03073340.jpg

途中の休憩の間は絢爛豪華な会場内をうろうろしましょう。これは席の横の壁。なんだか知らんか謝っておこう、という気になります。
a0172884_03083976.jpg

二階席もあります。
a0172884_03090878.jpg

ロビーの天井。
a0172884_03094346.jpg

紳士淑女の皆さんがたむろしているところ。
a0172884_03100487.jpg

ただの通路もこんな感じ。某氏にも燕尾服くらい着せてくるべきでしたね。持ってないけど。
a0172884_03103407.jpg

ここはもともと映画館だったので、映写機が飾ってあります。
a0172884_03105785.jpg

二階席から見下ろしてみましょう。皆考えることは似たりよったりみたいで、ここぞとばかりに記念写真を撮ってる人たちがいました。
a0172884_03114896.jpg

偉い指揮者(だと思う)たちの肖像。もうちょっとごてごての額縁でないと似合いませんね。
a0172884_03122390.jpg

バーもあります。シャンデリアがUFOみたいですね。
a0172884_03134310.jpg

ロビーはかなり広いのです。休憩のあとはブルックナーで、長くて情熱的で起伏が激しく、私は仕事帰りで疲れていたので、もうちょっと穏やかなほうがよく眠れるのになあ、と思いつつうとうとしていました。某氏はブルックナーが大好きなので激しく感動していて、やっぱりタダ券をもらってほんとによかったです。V君、またよろしくね~。
a0172884_03140448.jpg

帰りはうちのすぐ近くのレストランで食事をして帰りました。私が食べたのはサラダボウルというもので、これで16ドル50セントプラス税金プラスチップなので日本円だと2千円くらいですが、どう見てもバイキングから適当に取ってきたという感じですね。外食の異様に安い日本だと600円くらいでしょうか。日本の外食の安さは行き過ぎにしても、カナダに物価の高さもそれはそれで改善の余地がないかと思ってしまうのでした。
a0172884_03142695.jpg

Commented by ゆか at 2018-03-07 14:09 x
今回の写真はとても豪華に写っていますね!改めて美しい劇場だなと思いました。
そしてピアニストがイケメン!ですね笑。

へぇ〜、サラダお高いですね。
Commented by ammolitering6 at 2018-03-08 15:40
月曜の夜でカクタスクラブくらいしか空いてなくて、仕方なく入ったのです。高いですよね~、しかもお世辞にも感動のおいしさではありませんでした。一日中働いた後だったし、家に帰ってインスタントラーメンを作るのも億劫だったからなのですが、ラーメンのほうがよかったかもしれません。

劇場、きれいですよね。今こういうものを作れる大工さんや細工師はどれくらい残ってるのでしょうか。

by ammolitering6 | 2018-03-07 04:05 | Comments(2)