カナダの日、あるいは違う葉っぱの日

今日はカナダ・デーと言ってカナダの建国記念日のような祝日です。1867年7月1日にカナダが英領カナダ連邦となったのを記念しているのですが、そのときには今のような領土ではなくて、東の方の幾つかの州があっただけでした。その後、西の方の州が少しずつ加わって現在のような形になりました。そういうわけであっちにもこっちにもカナダの旗がひらひらとはためいているのですが、、、どうもこれは何かがおかしい。。。そう、真ん中にあるはずのカエデの葉が大麻の葉っぱになっているのです。
a0172884_11533091.jpg



バンクーバーのダウンタウンの真ん中に大きな美術館があって、その前の広場ではしょっちゅうあれこれのイベントが開かれています。今日はなんと、マリファナの日のお祝いが盛大に行われていたのでした。私は個人的には大麻は合法化して管理すればいいと思っています。それほどの実害もないのに非合法にしていることで、無駄に犯罪者を作り出していると思うのです。大麻そのものは非常に有用な作物ですし、陶酔成分を減らす研究も進んでいます。医療用にいろいろ役に立つとも聞きます。日本の風土にも合う頑強な植物ですから、用途に応じてもっと活用したほうがいいと思います。娯楽目的での摂取が好ましいものと思っているわけではないのですが、肉体的な執着が強まるという点ではアルコールやタバコやカフェインとそれほどの違いはないし、いつまでも非合法のままにしておくことで無駄に地下産業がはびこるのも馬鹿げているなと感じるのです。
a0172884_11591479.jpg



大通りではパレードも行われるそうで、今か今かと待ち構える人たちが沿道を埋めていました。いえ、こちらはマリファナパレードではなく、ちゃんとカエデの葉っぱのほうのパレードです。私はと言えば、パレードを待つ人たちを見ただけで帰ってきたのでした。
a0172884_1281961.jpg

by ammolitering6 | 2013-07-02 12:10 | Comments(0)