卵の話など

昨日はお好み焼きを作ってみました。しかしお好み焼きソースはないので先日の「焼肉のたれ」とケチャップを混ぜて、マヨネーズは搾り出すタイプのがないのでスプーンで不器用に塗りました。そして、某氏が海草が嫌いなので青海苔も無し。それでもそれなりにおいしかったです。某氏は「オコノミヤキ」という長い名前を覚えられず、「お、、、き」と呼んでいます。
a0172884_05482842.jpg
いつものスフレチーズケーキを別のレシピで作ってみました。ちょっと温度が低いかなあと思ったものの一応書いてある通りにやってみたところ、うん、これはやっぱり低すぎましたね。うちのオーブンは年季が入っているので、どうやらあまり温度が上がらなくなっているようなのです。これに懲りずにまた温度を上げて作ってみようと思います。
a0172884_05503806.jpg
お店のお客様がバナナケーキを下さいました。お店で古くなったバナナを差し上げるので、そのお礼にときどきこうして差し入れしてくださるのです。今日は焼きたてのほかほかのを丸ごとど~んとくださいました。

それにしても、彼はこの全く同じバナナケーキを何年も焼き続けています。飽きないのだろうかと思うのですが、バナナを上げると毎回必ずとても喜んでくださるし、しばらく上げないと「そろそろ古びたころではないか」とカウンターの奥を覗いたりもなさるのです。ということは、やっぱり彼はコアラのようにずーっと同じ物を食べ続けても一向に平気なのでしょう。
a0172884_05510274.jpg
カナダでは毎年こうしてベストレストラン100選というのが選ばれて、見たところ5割くらいがトロント、3割くらいがバンクーバー、残り2割をその他の街のレストランが占める、という感じで、この割合はだいたい毎年同じです。こういう100選みたいなのは他にもいろんな媒体がやってますが、これが一番メジャーみたいです。これに選ばれるのはすごく名誉なことと見なされるので、選抜の結果については毎回必ず多方面から「それはおかしい!あの店が入ってないなんて!」というような声が出ます。

私も今回のを眺めていてやっぱり納得がいかないところも多かったのですが、そんなに食べ歩いているわけでもないので、自分の限られた経験に照らして「これが最高レベル!?」と思ったりするのです。でも、こういうのは多分に主観的なものなので、私が「?」と思うようなものでも「!!!」と思う人は多いのだと思います。
a0172884_05500616.jpg
私はコーヒーショップで働く傍らでアルバイトもしていますが、それは主にこういうレストラン関係その他のメディア記事を翻訳するというものです。日本語と英語の翻訳ができる人は山ほどいるので、例えばアルタイ語とかスワヒリ語とかの翻訳をささっとこなせる人と比べると料金はかなり割安になりますが、そんな中で細々とご注文が続いているのはとてもありがたいことだと思っています。

かつての本業だった取り扱い説明書の作成や翻訳は、世の中がデジタルになってから完全に取り残されてしまったので、今ではごくたま~にしかしません。その「たま~に」するものというのは特殊なエアコン技術に関するもので、アナログな内容が嬉しいのです。

高校生のバイト並みのコーヒーショップ、細々と稼ぐ翻訳、ほとんど売れないガラス絵という3足のわらじを履いて、その他にもお声が掛かればモモレンジャーでも給食の皿洗いおばさんでもお掃除おばさんでも、なんでもやってまるでムカデのように生きてきましたが、この先もずーっとこの調子でいけば大富豪になることはないような気がします。そもそも、タダでやってる仕事だって幾つもあるのです。

ここに来てそろそろ半世紀になろうとする最近、どうしようかなあと思う気持ちが募っています。深まる一方のカリユガにあって「どうしようか」などとのんびり悩んでいられることの幸いを思いつつ。。。
a0172884_05501465.jpg
20年に1度咲くはずだったドラセナ、、、こんなことになってしまいました。そう、咲かないままにべたべたと蜜だけ出して、つぼみのまま干からびて落ちているのです。
a0172884_05511162.jpg
水滴のように見えるのは全部ドラセナの蜜です。うっすらと甘くて、別に何の匂いもしません。ちゃんと水も肥料もやったのに、ドラセナ、君はいったいやる気があるのか!?

これはまあ、ドラセナのせいというより、やはり私の世話の仕方に問題があったと思うのですが、それじゃあ次回に期待しましょうと思っても次はまた20年先です。ああ、20年、、、その頃の自分をイメージするところから始めなくてはいけませんが、うーん、やっぱりどうしようかなあ。。。

しかし20年後の自分など心配しなくても、来週あたりに第三次世界大戦が勃発して世界中の人の心配事を払拭してくれそうなご時勢ですね。
a0172884_05512151.jpg
セルビア人のお客様がイースターの卵をくださいました。Bさん、ありがとうございます。これは固ゆでにして色をつけた卵の周りに模様のついたシールのようなのを巻いて、それを茹でたらシールがちょうどきれいに丸く卵にくっつく、という仕組みになっているのです。こうしたイースターエッグはウクライナのが有名ですが、このシールはポーランドの製品で、イースターに卵を飾り立てるのは東欧全体に共通した文化なのです。

本来のイースターエッグは卵の殻に手描きします。これはやってみると分かりますがとにかくものすごく難しく、卵の殻などという曲面に絵を描くのは不自然だ、ウクライナ人は変だ!と叫びたくなります。
a0172884_05505228.jpg
こちらも卵ですが、これに絵を描けるのは中国人かインド人でしょう。一昨日の朝見たら、ツートンがたった二つだけ産んでいたのです。ツートンじゃないのかもしれませんが、たぶんツートンだと思います。
a0172884_05503112.jpg
珍しくみんなで一緒にごはんを食べているところ。色や大きさの違いがよく分かりますね。一番左がツートン、その右が大きい白ちゃん、その向こうの白いのがみどりちゃん、右が白ちゃん、奥の大きいのが大きいタニーちゃんです。
a0172884_05502211.jpg

# by ammolitering6 | 2017-04-19 06:40 | Comments(0)

修行するタニーちゃん

昨日、白菜のお漬物を見ていて、ふと思いついてキムチと並べてみました。日本人向けに作られたヤワなキムチではなく、ちゃんと韓国のお店で買った本物なので、遠慮なくたくさん唐辛子が入っています。辛いのであんまりたくさんは食べられないし、炒め物などの味付けにして使うことが多いです。

それにしても、何と申しましょうか、これは日本と韓国という似てるようで似てない二つの国を象徴するような姿ですね。熱く激しく、徹底的に向かってくる韓国、一方で地味でしみじみ、消え入りそうな声でワビとかサビとかつぶやいている日本。勝負になりませんね、これは。

言うまでもなく個人を見れば様々だし、日本文化だって決して地味なだけではありませんが、やっぱり最後は白菜のお漬物よね、と一人で納得してしまうのです。キムチでは、私には白菜の味は分かりません。
a0172884_11583432.jpg
いつも抱っこして寝ている熊ちゃんをお風呂に入れました。洗濯用の洗剤で何度も押し洗いするのです。
a0172884_11590404.jpg
乾燥機に入れて、久しぶりに出たお日様にも当てて、すっかりふかふかに戻りました。夜はこの熊ちゃんがいないと腕の置き場が定まらず、落ち着いて眠ることができないのです。

熊に加えて耳栓もしてるし、アイマスクもしてるし、そうした睡眠用の小物が一つでも欠けると寝られません。さらに枕だってあれこれと模索の末に旅行用の首枕に落ち着いたし、その下に薄いクッションと畳んだタオルを敷いているという懲りようです。首筋が寒いときは絹のスカーフもするし、我ながらこれは一種の睡眠障害ではなかろうかと思っています。

この熊はお腹にカイロを入れられる仕組みになっていて、抱っこすると暖かいので、もともと私が寒がりな某氏のお母様にプレゼントしたものなのですが、お母様は「ありがとう」と言ってしまいこんだまま、プレゼントのことをすっかり忘れておしまいになりました。そして、ある日発見して「なぜうちにこんなものがあるのかしら、ヨウコ、あなたにあげましょう」ということになったのです。

こうして思いがけず私のものになってしまった熊は、その後お母様がお亡くなりになってからもずーっと私のそばにいてくれています。
a0172884_12001552.jpg
今日はスカートの裏地というか、裏地のないスカートの下に履くためのスカートを作りました。ペチコートというのだったかな?これは実は古くてぺらぺらになってしまった枕カバー2枚を縫い合わせただけなのです。ちょうどいい大きさだったので、縫うところが最低限に抑えられてよかったです。針と糸でちくちくと手縫いしているので、やっぱりあんまり手の込んだことはしたくありません。
a0172884_12011690.jpg
先日のキャロットケーキのフロスティングが余っているので、クラッカーに塗ってブドウを乗せておやつを作りました。ブドウはほんとはタニーちゃんのおやつなのですが、タニーちゃんは5人で1粒しか食べないので、なかなか減らないのです。クラッカーは黒胡椒入りのがあったのでそれを使いましたが、バニラの入ったこってりしたクリームチーズと良く合っていて、意外なおいしさでした。
a0172884_12014654.jpg
お店の常連のお客様がこんなものをくださいました。彼は近所の老人ホームに住んでいるのですが、昨日のディナーで貝料理が出たので、食事の後で急いでキッチンに行って殻を拾ってきてくださったのです。砕いて庭に撒くところだったそうで、壊れずに残っていたのはたった3つしかなくて、そのうちの一番きれいなのを私にくださったのです。

これが何の貝かということはおじいさんはご存知なかったのですが、そのあとで他のお客さんに見せたら、「これはムーンスネールだ、間違いない」と教えてくださいました。これは直径10センチくらいに大きくなる貝で、丸くて白いので原住民の間では夜道の目印として道の脇に置いておいたそうです。ムーン・スネール、月の、、、カタツムリでもタニシでもないのですが、海に棲む貝で、砂にもぐっていることが多いそうです。
a0172884_12030484.jpg
私はどうもやっぱり貝が好きで、それは子供の頃から変わりません。きっと前世はアンモナイトで、恐竜と共に死んでしまったのでしょう。

タニーちゃんの卵は現在こんなふうになっています。あんまり変化はありませんね。
a0172884_12040399.jpg
水槽の水換えをしていて水位が低くなっていたとき、循環する水が出てくるところから水がジャボジャボと落ちてきていました。すると、その下に白ちゃんがやってきて、激しい流れに打たれていました。タニーちゃんたちは小さいので、この水量は滝に打たれるくらいの激しさがあると思います。白ちゃんはここで長いことじっとしていたのですが、何か悟りましたか?
a0172884_12045417.jpg
水槽の中には丈夫なドラセナが入っていますが、やっぱり自然の植物を入れてほんとによかったと思います。自然の植物のほうが形がいろいろで、のぼったり下りたりするのに楽しいと思うのです。タニーちゃんの体は手足はありませんが、広がった体全体が手足の役目をして、こうして細い草にもしがみついて登ることができるのです。

タニーちゃんは関節炎にもならないだろうし、捻挫や骨折もしない、アキレス腱が切れることもない、しかしちゃんと生きて動き回ってごはんを食べて、数も増えています。うーむ、どうもなんだか哺乳類よりも出来がいいんじゃなかろうか、という気がしてきます。
a0172884_12053856.jpg

# by ammolitering6 | 2017-04-16 12:52 | Comments(0)

今日のあれこれ

今朝見ると、みどりちゃんと白ちゃんが仲良く寄り添っていました。向かって右側の大きいほうがみどりちゃんです。みどりちゃんは最初は誰よりも小さかったのに、いつのまにか小さい3匹の中で一番大きくなってしまったのです。
a0172884_14492617.jpg
だんだん旅行の日が近づいてきたので、本屋さんに行ってガイドブックを買ってきました。まだちゃんと見てませんが、やっぱりこうして少しずつ気分を高めていったほうが充実するかなという気がします。何かに向かってわくわくどきどきという感覚は、もともとどっちかというと少ないほうだったのですが、年々鈍くなる一方であるような気がするのです。やっぱりこれはいけないと思うので、意識して積極的に物事に取り組もうと思います。
a0172884_14504233.jpg
というわけで、旅行気分を高めるためにショルダーバッグを買ってきました。たったの6ドルですが、とても軽いし、ポケットがたくさんついているので便利です。ヨーロッパの都市というのは、ところによっては洒落にならないほど物騒で、バンクーバーの荒れた地域がとっても平和に見えるほどなので、パスポートその他は斜めにかけて肌身離さず持ち歩かなくてはならないのです。
a0172884_14511267.jpg
これは先日見つけたデザートヨーグルト。ついパッケージにつられてしまったのです。
a0172884_14514124.jpg
瓶入りで、上は泡立てたクリーム風、下はほとんど甘みのないストロベリーソースです。こってりした舌触りの割には水切りヨーグルト風の多少ざらついたような感じもあってさっぱりしていて、ソースはちょっと物足りないほど甘みが控えめです。普通のカナダの味とは全然違うなと思ったら、うん、やっぱりケベックの製品でした。
a0172884_14521150.jpg
昨日のボルシチは赤カブが足りなかったので、もう一つ足そうと思って炊飯器で茹でました。ついでに玉ねぎも二つ入れてスイッチを入れたのですが、仕事で出かけなくてはならなかったので、煮えたらスイッチを切るように某氏に頼んでおきました。すると、タイミングについてきちんと細かい指示をしなかったので、帰ってきて見たらほとんど煮詰まって玉ねぎなどは溶けてしまっていました。
a0172884_14524804.jpg
かつて玉ねぎだったもの。赤カブも甘いし、加熱した玉ねぎにも甘さがあるので、これも甘いです。調味料は何も入ってなくて、水で煮ただけです。私は実は玉ねぎが大好きというわけではなく、特にこうしてただ煮ただけのは心持ち苦手なので、我ながら何でこういうことをしてしまったのだろうと思いました。
a0172884_14533091.jpg
形の残っている玉ねぎ。丸ごと入れておいたのです。
a0172884_14540185.jpg
ともあれ、赤カブを足してもっと赤くしたボルシチにスメタナ代わりのサワークリーム、ディル代わりのペトルーシカちゃんを入れました。味付けには塩胡椒の他にメープルシロップと酢を入れています。
a0172884_14543188.jpg

# by ammolitering6 | 2017-04-14 15:21 | Comments(0)

あれこれ作った日

今日はキャロットケーキを焼きました。不器用なのでフロスティングを上手に塗ることができず、乗ってりゃいいだろうという仕上がりになってしまいました。
a0172884_15235083.jpg
しっとりとしたおいしいケーキになったのは、こんなちょこっとの量でちゃんと作れるように工夫されたレシピ本のおかげです。でもフロスティングは大量に余ってしまいました。もっともっと分厚く乗せるべきだったのかもしれません。
a0172884_15242172.jpg
ついでにチャイを作りました。シナモンが粗引きなのでざらざらと浮いてますが、まあいいでしょう。今回はメープルシロップの入ったメープルチャイですが、スパイスはシナモンの他にジンジャーと黒胡椒を使いました。これはとても飲みやすい組み合わせなので、安いティーバッグがたくさんあるときなど、ぜひ試してみてください。メープルシロップは濃い目がお勧めです。
a0172884_15251928.jpg
久しぶりにトマトを買いましたが、季節はずれなのでかなり酸っぱいです。「砂漠の宝石」というお洒落な名前がついてますが、宝石だったら食べないから酸っぱくても構わないものね、と、ついつい嫌味の一つも言いたくなります。実際には、砂漠とまではいかなくても、トマトは枯れる寸前くらいまで水分を減らして育てたほうが甘くおいしくなるのだそうです。
a0172884_15254947.jpg
酸っぱいトマトにはこれしかない、と取り出しましたるこちらは、バルサミコを煮切り酢にしたもので、とろっとした甘酸っぱい黒い蜜です。
a0172884_15261946.jpg
爆発防止に竹串で穴を開けて、トマトをオーブンで焼いてみました。そしてバルサミコのシロップとオリーブオイルをかけたら、シンプルなのにおいしいおしゃれなものになりました。
a0172884_15264885.jpg
夜は久しぶりにボルシチを作りました。ちょっと遅くなって晩御飯には間に合わなかったので、このまま明日まで寝かせておくことにしました。ボルシチは翌日のほうがおいしい煮込み料理なのです。
a0172884_15271936.jpg

# by ammolitering6 | 2017-04-13 15:45 | Comments(0)

寝ぼけた頭で思うこと

こんにちは。今日はなぜか久しぶりの休日となり、外は雨ということもあって、のんびり起きてぼけっとして過ごしています。いえ、休みの日そのものはそんなに少ないわけではないのですが、最近はまたまた人手不足で急に呼び出されたり、余分なトレーニングが入ったり、別の仕事や用事が入ったりで、気分的に家でじっと落ち着ける日があまりなかったのです。

一昨日の夜というか、昨日の深夜の丑三つ時、なぜからんらんと目が冴えてうろうろして、結局朝まで寝られないままで早朝5時から仕事をしていました。今日は朝からだらだらしているのも、そりゃ~仕方がない、葉子ちゃん可哀想に、というものです。

満月を見ると狼に変身してしまう人は有名ですが、明るい満月の夜には不眠症になってしまう葉子さんは有名ではありません。これは困った症状で、翌朝にはぼーっとしてしまい、昨日もお店でお客さんのお金を受け取っただけでコーヒーを渡すのをすっかり忘れ、「あのー、すみません、コーヒーをください」と催促されてしまいました。「は?」と思って3秒くらいしてから大慌てでお渡ししましたが、それもこれも満月が悪いのです。

この日の満月は過ぎ越しの祭りの始まりでもあります。これはユダヤ教のお祭りで、一般にはクラッカーを食べる日として知られている、、、わけではありませんが、いろいろと特有の食べ物があるのは世界中の古いお祭りに共通しているのかもしれません。

その特有の食べ物の一つが羊の肉ですが、羊というのはどうも何かと気の毒で、何かと言うと犠牲の捧げ物にされています。その昔々、各ご家庭で羊を殺して神様にささげ、ちゃんと捧げましたよ、という証拠に羊の血を戸口のところに塗っておいたのです。そうするとこれを見た神様が、「OK、ここは納税済みね」ということで、よそに行って税金、この場合は一番年長の子供の命を徴収していく、ということがあったのだそうです。

だんだん物騒になっていく世界を見ていると、早いとこ徴収されて天国に連れていってもらえるならそれも悪くないかも、という気もしてきます。そんなご時勢、ニューヨーカー誌がおもしろいことをやってました。タイトルがキリル文字、つまりロシア語などのアルファベットになっているのです。プーチン様はトランプおじさんのことをどう思っていらっしゃるのでしょうか?シリアでの最近の動きを見ていると、どうしてもあの大量破壊兵器があるのないのという騒ぎを思い出さずにはいられません。柳の下にいつもドジョウがいたら嬉しいけど、いつも同じ出っ張りに肘をぶつけるのは嬉しくありませんね。
a0172884_02272909.jpg
いつものニューヨーカーの表紙。
a0172884_02274053.jpg
焼肉のたれというのを買ってみました。古雑誌のオレンジページを見ていたら、いろんな料理に使える便利な調味料だと書いてあったのです。
a0172884_02361369.jpg
さっそくキノコを炒めて使ってみましたが、、、これはバターと塩胡椒のほうがよかったです。こんどキャベツを炒めるときに使ってみようと思います。
a0172884_02362339.jpg
タニーちゃんの卵はこんなふうになりました。乾燥しにくい状態にあるので、前の卵よりも順調に変化していると思います。
a0172884_02363238.jpg
無事に子供たちが生まれた場合に備えてケースを作りました。水槽本体には水の循環のための吸い込み口があり、2ミリくらいしかない子供たちは吸い込まれてしまうかもしれないからです。無事に生まれたらタニシのおばあちゃんになる私。。。
a0172884_02364636.jpg

# by ammolitering6 | 2017-04-13 02:43 | Comments(0)