<   2014年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

インドの眉毛

今日、散歩していたらトケイソウの花が咲いていました。妙な形をしているものですね。何か言いたげな姿をしている気がしますが、そう思うのはその昔の宣教師たちも同じだったらしくて、英語では「キリストの受難の花」を意味する「パッションフラワー」と呼ばれています。パッションと言えば情熱だと思っていましたが、この場合は違う意味なのだそうです。でも、時計草という名前のほうが似合う気がします。
a0172884_1343687.jpg



黄色とオレンジの綺麗なランタナの花が咲いていました。ランタナは色がかわいくて好きです。
a0172884_13475984.jpg



ふらりとペット用品店に入ったら、面白いものがありました。鹿の角です!犬がかじるためのおやつなのだそうですが、さすがはカナダです。
a0172884_13504459.jpg



こちらはスカンクにやられたときのための匂い取り。効果はあるのでしょうか。スカンク対策としてはトマトジュースがいいとか、いや、それでは効かないとか、諸説あるようです。実際にこういう商品を試す必要に迫られないことを願うばかりですが、、、一度だけ野生のスカンクを見たことがあります。親子連れのスカンクで、それはそれはかわいかったです。あまりのかわいらしさに、つい近寄ってなでなでしたくなってしまいましたが、はっと我に返って衝動を押しとどめることができました。うっかり近寄ってあの液体をまともにくらっていたらどうなっていたことか。。。想像するのも恐ろしいです。
a0172884_13521471.jpg



ペットショップにあったバッグ。いいなあ、こんなふうなテントが欲しいなあ。私は実はかねてより大型犬用のベッドが欲しいと思っているのです。あれに丸くなって昼寝したら絶対気持ちいいと思います。これなどは壁もしっかりあって、しかも屋根もついています。こんなテントで寝たら深々と眠れそうです。
a0172884_1411787.jpg



ところで今日はこちらの通りにある、、、
a0172884_1475564.jpg



こちらのお店に行って参りました。
a0172884_1482370.jpg



何のお店かというと、インド式眉毛サロンなのです。先日たまたま通りかかってその存在を知り、糸を使って器用に毛を抜いている様子があまりにも興味深かったので、今日とうとうTちゃんと行ってみたのです。
a0172884_1410753.jpg



本日の実験台はTちゃんです。私もどうかと受付のお姉さんが勧めましたが、あいにく私には抜くほどたくさん眉毛がないのです。ここには載せませんが、今回はカメラマンとしてTちゃんの眉毛が変身する様子を観察したのでした。これはサービスで出てきたチャイ。スパイスは弱めでした。
a0172884_14131341.jpg



インド式の眉毛トリートメントのやり方は、まず最初に眉毛の形を決めるところから始まります。白いペンシルで形を描いて、さっそく不要な部分を抜き始めますが、その抜き方が変わっているのです。係のおばさんはおもむろにデンタルフロスのような糸を出してきて一方の端を口にくわえ、それからもう片方をねじって両手にかけました。そして、ヨーヨーでもするかのような手つきで器用に糸を伸び縮みさせて、その動きで毛をはさんでねじ取ります。

産毛もたくさん取れていていかにも痛そうだけれど、ほとんど痛くないとTちゃんは言ってました。太い毛を抜くときだけはちょっと痛かったそうです。抜いた後は特別なクリームをつけてマッサージをしたり、はさみと櫛で形を整えたりして、最後にペンシルで整えてハイライトも入れてできあがりました。
a0172884_1415123.jpg



Tちゃんはもともと綺麗でかわいい子ですが、プロにすっきりと眉毛を整えてもらってもっと素敵になりました。ピンク色のインテリアの中で20分ほどかけてやっていただいて、御代は税込み25ドルほど。実はこれはもっと離れたフレイザー通りのあたりの質素なお店では5ドルでやってくれるそうです。別にピンクの壁やそれほどおいしくもないチャイは要らないので、いつか5ドルでやってもらおうかな。
a0172884_14231567.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-30 14:29 | Comments(1)

遠くペルシャの甘いもの

今日は近所のお店でナツメを買いました。ナツメと言えば「クロウメモドキ科の落葉高木」なのだそうで、あんまりおいしいものでもない赤い実がなります。ただ、私は実際には本物のなっているところを見たことはなくて、乾燥してしわしわになって中がスポンジ状になっている変な実を食べたことがあるだけです。

今日買ったナツメはそれとは違う類のナツメで、正しくはナツメヤシの実です。一口にナツメヤシと言っても250種あり、なぜそれを私が知っているのかといえば、先日ドバイ出身の青年と話していて彼がナツメヤシについて熱く語ってくれたからです。ドバイにあるナツメヤシ農園に行ったら、農園主がナツメヤシの本を見せて250種類あることを教えてくれたのだそうです。

味のほうも様々で、実が固くて茶色でややえぐみがあるのもあれば、真っ黒くて柔らかくて穏やかな甘みのあるものもあります。これはイランのもので、とても柔らかくておいしい種類です。
a0172884_14443673.jpg



厚紙でできたちゃちな作りの箱を開けると、中にはこんなふうにぎっしりと詰まっています。実は外側がちょっと皮っぽくて、中は柔らかい繊維質でねっとりとした果肉です。初めて食べたTちゃんによれば、栗と干し柿の中間みたいで、外国のものとは思えない懐かしい味だそうです。カナダでも普通のスーパーでは売っていないので日本ではなかなかお目にかかれないと思いますが、たまたま見かけることがあればぜひともお試しください。栄養豊富だし、濃厚でしっかり甘いのに不思議と後味があっさりしていてほんとにおいしいです。
a0172884_1454782.jpg



買うつもりもなかったのに、イラン人のお店でこれも買ってしまいました。レジのところでおじさんが熱心にセールスをなさったので、つい負けてしまったのです。お店の奥ではおじさんの奥さんが毎日イランのお菓子を焼いているそうで、5~6種類くらい置いてありました。これはナツメにスパイスを混ぜたものが入っているクッキーです。
a0172884_14575068.jpg



食べてみたら、かなり生地が分厚くて中身は少なめでした。しかし、これはもうどうあってもアンコという感じですね。小豆ではないし、スパイスの風味も効いていますけれど。 生地はあんまり甘くなくて、ほろほろした感じでした。イランのお店はけっこうおいしいものがたくさんあって、さすがはペルシャ文化、という感じがします。
a0172884_1501624.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-29 15:05 | Comments(0)

スイカの皮のお漬物

スーパーで小さなスイカを安売りしていたのでさっそく買ってきて、Tちゃんと山分けして平らげました。甘くておいしい身の部分を食べたあとは瓜そのものの皮の部分が残ります。祖母などはこれをよくお漬物にしていましたが、都会育ちの現代っ子であるTちゃんはスイカの皮のお漬物を食べたことがありません。それでは、ということで、さっそく作ってあげました。これは今でも作られているのでしょうか。

さっぱりと塩だけで作ったスイカの皮のお漬物を久しぶりに食べて、毎日のようにスイカを食べていた子供の頃の夏を思い出しました。その昔、佐賀県では干潟の干拓が大規模に行われており、地面になったばかりのところにスイカがたくさん植えられていました。スイカには土の中の塩分を吸収する働きがあるとかで、海から新しくできた土地には必ず何年かスイカを植えなくてはならなかったのです。そうしないと塩分が多すぎて他の農業もできないし、さびるので建物を建てることもできません。

その結果、私が子供の頃には佐賀県はスイカで溢れかえっていて、何かというと子供にタダでスイカが配られていたのでした。お祭りや学校行事の参加賞などです。もちろん一般家庭でも安いのでおやつに大量のスイカを買っており、お座敷の壁に沿って何十個ものスイカがずらりと並んでいたこともありました。いくら少々昔とはいえ、桁外れに人数の多い家だったのです。こうしてスイカといえば安いものの代名詞と信じて育ったので、やがて時代が変わってスイカ1個が千円単位の値段で売られるようになって、目を疑ったのを覚えています。
a0172884_14214352.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-28 14:44 | Comments(0)

安価な愛のチーズケーキ

今日はお店のお客さんがチーズケーキを持ってきてくれました。手作りではなくてお店の隣のスーパーで買ったものだし、あいにく「葉子さん、あなただけのために」というわけでもありませんけれど、やっぱり嬉しいものです。キースさんは1日に3回も4回もやってきては一番安い普通のコーヒーの小さいのを買いますが、2回目以降はメンバーカードを使って無料で買えるのでお得なものです。

そして同じく一日何度もやってくる近所のおじいさんたちと雑談し、競馬新聞を読み、禁煙テーブルでタバコを吸います。奥さんに先立たれたのか捨てられたのか知りませんが、やもめ暮らしであることは確かなようです。馴染みのカフェのスタッフたちがガールフレンドであるそうで、ということは私も彼の恋人なのです。先日はメンバーカードで貯めたポイントでサンドイッチを買って(?)下さいましたが、これからは時折バラの花束など要求しようかと思います。
a0172884_10333846.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-28 10:45 | Comments(0)

黄緑色のきれいな葉っぱ。しその葉っぱのような形をしています。食べられそうなのに、たぶん食べられないのでしょう。植物ってすごいなあと思います。種が地面に落ちて、暗い土の中に根っこが張って、それなのにそこからこんなに鮮やかな色が現れます。
a0172884_9583617.jpg



ふさふさした穂。
a0172884_1002354.jpg



オリーブ油とゴマ油が同時に切れてしまったので、新しい油を買ってきました。米ぬか油だそうです。初めて試してみますが、おいしいのかな。
a0172884_101294.jpg



よく見ると中にいろいろ浮いています。
a0172884_102377.jpg



スターバックスでCDを買ってしまいました。スタッフ割引で3割引になったので嬉しいです。私はCDは全部で10枚も持っておらず、それもあんまり聞かないのですが、珍しく違う音楽を聴きたい気分になったのです。聴くと言っても熱心に耳を傾けるというより雰囲気的に軽く聞き流せる音が欲しいというほうが当たってますけれど。しかし、実際に今部屋で聞きながら書いていて、たぶんこれも今後あんまり繰り返しては聞かないだろうなという気がしています。主に古い英語のボーカルなのです。フランス語とかイタリア語とかのほうが意味が分からなくてよかったかな。

それにしても、今時はCDなどわざわざ買う人は少ないのだろうと思います。私はいまだに20世紀後半に生きています。。。
a0172884_1024899.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-26 10:12 | Comments(0)

ギガジンの勧め

ほぼ毎日見ているこちらのサイト。。。ギガジンという名前です。何がテーマなのかよく分からないサイトで、いろんな記事が脈絡なく紹介されています。それぞれのページの下のほうにある「関連記事」というところから別の記事に飛ぶのも面白いです。この写真はあまりにも綺麗だったのでつい借りてしまいました。いろいろ楽しめるギガジン、お勧めです。
a0172884_1528789.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-25 15:28 | Comments(0)

日本の味

今日はわらび餅を作りました。昔はほんとにワラビの根っこのでんぷんから作っていたのでしょうか。ともあれ、作ったというのは私ではなく、ルームメイトのTちゃんです。自分でわらび餅を作ったことがないというので、作り方を教えて作ってもらいました。牛乳のような白い液体が、加熱しながら混ぜるうちにだんだん透明になります。こうなったら絶え間なく混ぜ、力を入れて練り上げてできあがりです。これをスプーンですくって冷たい水に落として冷やします。Tちゃんは一生懸命こねて、スプーンを二本使って丁寧に丸めていました。昔、母などはこれを水でぬらした素手でやってました。無謀だと思いますが、昔はみんなそうしていたそうなのです。

できあがったわらび餅には黒ゴマアーモンドきなことモラセスをかけました。日本で売っている黒蜜とはちょっと違うのかもしれませんが、どっちにしてもおいしいおやつでした。
a0172884_14152531.jpg



それからガラス絵教室をしました。生徒はTちゃんです。星のつながったガラスにバーニッシュでラメを塗り、その上から不透明絵の具を重ねるだけの単純なものです。Tちゃんは星が好きなので、ちょうどよいガラスがあってよかったです。好きな色と好きな形で作った初めてのガラス絵作品、大事にしてね。
a0172884_14215291.jpg



それから一緒にクラフト用品店に行ったのですが、見て回っていたらなんとこんなものがありました。これはどう見ても画材ではありません。なんでこんなところにあるんだ!あまりにもかわいいではないか!不意を打たれた私は動揺してしまい、うっかり買ってしまったのでした。抱っこして丸い頭をなでなですると、思わず話しかけてしまいます。これは危ない。。。
a0172884_14245639.jpg



これは実在の有名な犬をモデルにしたものだそうで、Tちゃんによればお友達のタケオ君という人によく似ているそうです。ふーむ、ポメラニアンそっくりな若者ねえ。タケオ君、お会いしたことはありませんが、あなたはきっと顔が丸いのでしょう。
a0172884_14275290.jpg



本日の晩御飯。ひじきを煮てみました。久しぶりの味です。日本の田舎の懐かしい味でした。カナダでも案外簡単に再現できるのはありがたいことなのですが、実はヒジキはカナダでは買えません。砒素が含まれているとかで、安全のために輸入禁止になっているのです。でもまあ、日本で買ったものを持ち込んでも大丈夫だし、毎日バケツ一杯食べるようなことをしなければ心配もいりません。
a0172884_1430589.jpg



ネギとニンジンとテンプラを入れてみました。
a0172884_1435376.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-24 14:35 | Comments(1)

夏の終わりの都会の実

今日は近所の公園に行きました。春先に紫色の花が咲いていたところに行ったら、、、
a0172884_10551610.jpg



こんな実がなってました。どんぐりみたいに見えます。
a0172884_1114612.jpg



恐竜時代のような花が咲いていた木には、、、
a0172884_1175746.jpg



やはりちょっと古代風の実がなってました。
a0172884_1183174.jpg



しかし、よく見ると別の枝につぼみがあります。う~ん、どうなっているのでしょうか。
a0172884_119616.jpg



水辺に行くと満ち潮になっていました。
a0172884_1193889.jpg



見ると、魚の小さいのがたくさんいます。どれも同じ種類の魚に見えますが、大きさの違うグループがいくつかありました。ごく小さいのはただ何となく漂っているだけみたいに見えますが、5センチくらいになっているのは群れごと結構なスピードで移動しています。向きを変えるときも一瞬で一度に変わって、すごいなあと思います。人間だったらばらばらになりそうな気がしますが、まるで群れ全体で一つの生き物のようです。
a0172884_11103370.jpg



シーアスパラガスも水の中。水中でも空中でも平然としているすごい植物です。もっと綺麗なところに生えてたら山ほど収穫するのになあ、と思います。
a0172884_1115834.jpg



スマックの木もありました。これはインディアンレモネードという別名もあって、、、
a0172884_11151556.jpg



それはなぜかというと、原住民がこの穂でレモネード風味のお茶を作っていたからです。けっこうおいしいし、色もとても綺麗なのです。残念ながら公園の木は観賞用に植えてあるのでこっそり収穫するわけにもいきませんけれど。
a0172884_11165086.jpg



スマックは紅葉もきれいです。
a0172884_11191185.jpg



シュロの木にも、、、
a0172884_11192167.jpg



たわわに実るおいしそうな実。鳥は食べるそうだけど、私も食べたいなあ。どうしても届かないのが残念です。
a0172884_11195379.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-23 11:23 | Comments(0)

動物たちのいるところ

昨日は魔術師のお店、そして今日は魔女のおうち、というわけでもありませんが、ほんとに御伽噺の世界のようなところに行ってきました。どの家もほんとに豪勢でのどかです。
a0172884_123177.jpg



a0172884_12325058.jpg



a0172884_12335215.jpg



a0172884_12332198.jpg



どの家も、う~ん、無縁の世界とはこのことだな、と思います。すごいな~と思って見ただけで、中に入ったわけではありません。
a0172884_12334624.jpg



こんな豪勢なおうちの一軒(の地下室の一部屋)にひっそりと住んでいるお友達と一緒にサウスランズを散歩しました。犬の散歩をしている人より馬の散歩をしている人が多い地域です。ロバのエディー君と白馬のクラウド君がいるところにいったら、ちゃんといました!お~い、と名前を呼んだのですが、お食事中で相手にしてもらえませんでした。
a0172884_12353847.jpg



あるおうちの前で猫発見!
a0172884_12395170.jpg



口数が多くてとってもフレンドリーな猫でした。
a0172884_1240443.jpg



茶色の馬発見!馬はあっちこっちにいます。親しげに近づいてくれたのですが、頭がすごく大きくてちょっと怖かったです。
a0172884_124130100.jpg



触ってみると温かいビロウドのようです。
a0172884_12423744.jpg



それからかわいいヤギと、、、
a0172884_12422138.jpg



小型の馬(ポニーとは違うそうです)、それから猫。
a0172884_12424579.jpg



疲れたヤギ、、、
a0172884_12444772.jpg



鶏の皆さん、、、
a0172884_12441486.jpg



アヒルの親子、、、
a0172884_12443197.jpg



そしてチャボなど、いろんな動物たちに会いました。他にも羊、ポニー、それから犬もいました。みんなのんびりしてフレンドリーな動物たちだったので、たくさんなでなですることができました。ある馬などはあまりにもフレンドリーで、私の手を長くて厚い舌でべろべろとなめていました。
a0172884_1245118.jpg



こんなにたくさんの動物たちがどこにいたのかというと、こちらの苗木屋さんです。動物園ですか、と思います。
a0172884_12472347.jpg



卵を売っていたので買ってきました。6つで3ドル50セントでした。苗屋さんに行ったというのに、苗は何も買ってません。
a0172884_12485090.jpg



それから川べりの道を散歩しました。のどかでいいよねえ、世界が違うよねえ、と、Yさんと二人でため息をつきっぱなしでした。どういう人がこんなところで暮らしているのかな。こんな人たちはどんな心の持ち方をしているから人生がこんなふうに表れているのかな。
a0172884_12504970.jpg



どちら様も軒並み自家用クルーザーと自家用の船着場をお持ちです。
a0172884_1253898.jpg



馬の散歩をする人々。実はこれは子供たちで、近くにある子供用の乗馬クラブのメンバーたちであるようです。
a0172884_12545642.jpg



そして道を彩る新鮮な馬糞。たくさんあって、サウスランズ全体に田舎の匂いを漂わせます。
a0172884_12545264.jpg



リンゴの実が色づいていました。
a0172884_1258984.jpg



ビールの材料であるホップもたくさん実をつけていました。
a0172884_1258160.jpg



地元で採れた野菜を売っている冷蔵庫がありました。きゅうり、ズッキーニなどです。
a0172884_1312057.jpg



お代はこちらへ、と書いた箱。
a0172884_134574.jpg



たくさん採れたリンゴは、、、
a0172884_13525100.jpg



これで絞ります。
a0172884_136139.jpg



そしてミツバチの箱と猫。Yさん、今日は田舎を満喫できて楽しかったね。またどこかの田舎に行こうね。
a0172884_1364139.jpg



Yさんが撮ってくれた写真です。馬子ちゃん、大きいねえ~!
a0172884_13545139.jpg



a0172884_1356159.jpg



a0172884_13583617.jpg



さっそうと乗馬をする私。あまりの腕前に天から光が差してきました。。。
a0172884_140294.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-22 13:08 | Comments(0)

呪い

今日はちょっとした用事で珍しい職業の方とお会いしました。黒魔術をする呪術師さんです。いえ、別に恨み重なるあの野郎を呪い殺してもらおうというわけではありません。それほどではなく、半殺し程度で十分なのです、というのも半分くらいは冗談ですが、まあそんな用事でお会いしました。ちゃんと料金もかかります。念のため、私の個人的な私怨の件ではありません。

その呪術師の方は、相手の人の名前、あだ名、写真、髪の毛など、必ず個人が特定できるものを用意しなければならないとおっしゃいました。そして、呪いをかける理由として依頼者が受けた苦しみがありますが、それは必ず「私たち」ではなく「私」のそれでなくてはならない、とも言いました。そして、彼は静かにこう続けました。「人は誰も地上を歩き、太陽は誰の上にも照る。」

説明になっているのかなっていないのか分からない一言ではありますけれど、私はそれを聞いてなんとなく「ほんとにそうだな」と思いました。太陽の照らす地上を這う無数の個人が時間の中を否応なく回っていきます。その中の一粒が他の一粒に危害を加え、あるいは呪いをかけます。

この写真は、見覚えのある方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、水俣病の原告団が抗議活動をしたときのものです。皇太子のご成婚のときにも揚げられました。
a0172884_12231263.jpg

by ammolitering6 | 2014-08-22 12:30 | Comments(1)