<   2014年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ガラス絵完成!

およそ一年越しで描いていた絵がとうとう完成しました。このままずっと日の目を見ないのではないかと不安になるほどだったのですが、あきらめないでよかったです。まあ、実際には決して毎日こつこつ描いていたわけではなく、行き詰ってはずーっとほったらかしていたから時間がかかってしまったのですけれど。これを再開できたのもYさんのおかげです。Yさん、どうもありがとう!
a0172884_11502629.jpg



拡大してみましょう。我ながら何とまあ、ちまちまとしていることか!絵には人となりが反映されるものだと思いますが、これを見る限り私には大事業は無理ですね。
a0172884_1155349.jpg



おまけです。ガラス絵の裏側が好きなあなたに捧げます。これは一応実用品なので、あとで一面何か一色で塗りつぶすつもりです。
a0172884_1157158.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-31 11:59 | Comments(2)

赤い植物2種

冷蔵庫の中がすっきり空っぽになったので、今日は買出しに行ってきました。いろんな野菜やヨーグルトなどです。これは赤カブ。日本では見たことのない方がほとんどだと思いますが、ご覧のように茎も赤いのです。カブの部分は乾燥して変な色ですが、切ったら芯まで血のような赤です。まな板が真っ赤に染まって、いったい何事が起こったのかという感じになります。味は甘みが強くて、土臭い香りも強いです。これは生でも食べられて、ジュースにする人もいます。しかし、飲んでいると気分はすっかり吸血鬼なのです。これは青々としたというか、赤々としたというべきか、とにかく葉っぱの部分を炒めて食べようと思って買いました。こくがあってとてもおいしいのです。
a0172884_10143875.jpg



高かったのですが、つい買ってしまったドリンク。まだ開けてません。なんと、コーヒーの実の果肉の部分を使ってあるのです。私は以前コーヒーの木を育てていて、小さな苗木だったのが天井につくほどの大木(?)になり、花が咲いて実が生ったこともあるので、コーヒーには個人的な親近感があるのです。「コーヒーちゃん」と呼んでいました。

そういえば、他にもありとあらゆる種を発芽させて喜んでましたが、かつてマンゴーの種をまいたところ、なかなか芽が出なかったので母が疎ましがり、部屋に置いていた植木鉢を外に出してしまいました。ところが、そういう冷たい仕打ちにも負けないで芽を出したとたん、母は植木鉢を部屋に戻して「マンゴーちゃん」と呼んで可愛がり始めました。手の平を返したようなその豹変振りを私はいまだにしつこく覚えているのです。
a0172884_1020260.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-30 10:25 | Comments(2)

最近のできごと

さてさて、最近私のガラス絵の弟子となったYさんの新作です。これはもうお見せしたかな?コンピューターのごたごたでいろんなことを忘れてますが、とても素敵な作品です。
a0172884_1152015.jpg



一方で私は折り紙ブックを作ってますが、やや進化してまして、雑誌のページをそのまま使って作ってみました。これに詩のようなのを書き加えて遊んでます。
a0172884_1194826.jpg



パソコンはまだとても遅いのですが、携帯電話のほうは直ったというか、新しいのを買わされたというか。。。これは修理中に使っていた代理品です。湿気の多いところで使ったことが原因だったのだそうです。身から出た錆と言うか、湿気から出た錆というか。。。どっちにしても、これからは湿気に気をつけなくてはなりません。
a0172884_11121039.jpg



おお、葉子さん、体重30キロ。いろんなストレスでやせたのね、というわけではありません。よく見ると下のほうに別の数列もありますが、大きな数字のほうがポンド表示、小さな数字のほうがキログラム表示なのです。これは片足だけ乗せてるところです。カナダではメートル法とそうでないのが混在していて、重さに関してはポンドのほうが一般的です。スピードと距離はキロとマイルが両方あって、温度も摂氏と華氏がごちゃごちゃです。いろいろとややこしいと思うことが多いのですが、カナダ人は気にしないのでしょう。
a0172884_11184125.jpg



こちらはと言えば、古い建物のエレベーターです。数字の下に「ロビー」と書いてありますが、これが1階に当たります。そして、「1」が普通の建物の2階になります。つまり、地上階はゼロであると考えられているのです。これはイギリス風のやり方ですが、イギリスでは今でもこうなのかどうかは分かりません。
a0172884_11245724.jpg



ところでこちらはヘチマ。漢字で書くと糸瓜だそうです。お風呂で使ってますが、適度にがさがさしてて気持ちいいです。じーっと眺めていると、生まれながらにタワシになる運命なのね、と思います。
a0172884_11284410.jpg



こちらは洗って乾かした竹炭。こんなに割れてしまいました。どういうわけか、竹炭を入れた水は吐くほどまずくなります。なんでかなあ。ちゃんと洗って、それから煮沸もして使っているのに、妙なプラスチックが溶け出したような味がするのです。何かがおかしい、しかし最近の私の人生では何かがおかしくないほうがおかしい。。。実は、私はこの前、トルマリンまで買ってしまったのです。これも水に入れると水がとてもおいしくなるはずなのに、霊気の先生のところではほんとにそうなのに、なぜか私の手元にやってきたトルマリンだと竹炭の10倍くらいまずいです。思いのほか値段が高かったこともあって、ほんとに泣きそうになりました。。。
a0172884_11322572.jpg



しかし私はくじけません。地味にぼちぼちと絵を描いています。もうかれこれ1年くらい、ちょっと描いてはやめ、ちょっと描いてはやめ、というのを繰り返しています。
a0172884_11414982.jpg



そして再びYさんの作品です。なんだかとってもかっこいい絵ができました。
a0172884_11484910.jpg



これは部屋にあるランプを描いたものだそうです。こういうのを見ていると、ほんとに私もいろいろ描きたい気持ちになるので、とてもありがたいことです。
a0172884_11522392.jpg



そういうわけでこれは私が描いてみたものですが、どうも気に入らなくて洗い流してしまいました。。。
a0172884_11573671.jpg



驚くなかれ、こちらが私の作業机です。いえ、普通のちゃんとしたテーブルもあることはあるのですが、それではちょっと手狭なので、板とダンボール箱で代用しています。これでも何とかなるのです。身軽が一番です。
a0172884_1204929.jpg



これは何となく描いてみた絵。写真を半分なぞったものです。さて、皆さん。暗闇に開いた扉の向こうに何が見えますか?
a0172884_1252794.jpg



あれこれと脈絡なくご覧に入れましたが、最後はこちら、ロシアカラーの飾り物です。これをどうする、と思いますが、まあ、ロシア人の友達に押し付けようと思います。なお、これは裏側で、、、
a0172884_12121178.jpg



表はこちら。派手ですねえ。いろいろとキナ臭いニュースばかりが聞こえてくるロシアに私からささやかな、、、何か分かりませんが、とにかく平和が訪れますように。
a0172884_1217321.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-29 12:19 | Comments(2)

コンピューターの病気

こんにちは。先日から感染性の病気で苦しんでいた私の可哀想なコンピューターですが、入院させて治療してもらいましたらすっかり元気に、、、なったと思ったのに、まだ病気です。この写真たった1枚をアップロードするのに5分くらいかかりました。やっぱりまだ何かおかしいです。さてどうしたものか、また修理してもらう価値があるか、いっそ新しいのを買うか。。。ほんとに困ったものです。

それに、直してくれたコンピューター屋さんによれば、YouTube以外の動画サイトでいろいろ見たら変なウイルスに感染することが多いのだそうです。いちおうウイルスソフトを入れてはいるものの、FC2動画のサイトで鑑定団を見るのが私のささやかな楽しみなので、それが危険を秘めているのは悲しいです。ともあれ、スムーズな更新にはまだちょっと時間がかかりそうです。皆様のハイテク生活が快調でありますよう。
a0172884_6434025.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-29 06:49 | Comments(0)

こんにちは。

こんにちは。このところあんまり更新してませんが、お陰さまで一応元気にしております。元気じゃないのは私のコンピューターで、死にかけているのかもしれません。どうにかなりそうに遅くて、スピードアップ用のプログラムをわざわざ25ドルも出して買って入れたのに、全然効果なし。ウィンドウズを入れ直そうと思っても、度重なる引越しでなくしてしまったようで、どこにも見当たりません。困ったなあ、いっそ新しいのを買おうかなあとも思うものの、そういう余裕もないし。。。実は、私のコンピューターは文字盤の文字も半分くらい消えてしまっているほど古いのです。写真を載せようとしても、コンピューターに取り込むだけで日が暮れてしまうでしょう。

そういうわけで、当分は更新できない日々が続きそうです。そのうちリッチになった暁には新しいコンピューターと壊れてないカメラで(今使っているカメラも半分壊れているのです)どんどん更新すると思いますので、忘れた頃にまた覗きに来てください。

ああ、そうそう、そういえば携帯電話も壊れてしまいました。修理できないとのことで、150ドルも出して新しいのを買わなくてはなりません。どうもいろいろと面倒な状況が次々と「葉子ちゃん、お久しぶり~、遊びに来てあげたよ~」と言って訪れてくれます。お茶でも出して彼らの言い分を聞こうではないか、と思っているところです。
by ammolitering6 | 2014-03-26 04:59 | Comments(5)

ガラス絵の楽しみ方

先日から久しぶりにガラス絵を描いています。Yさんが来たときに一緒に描き始めて、彼女は2作も仕上げたというのに、私はまだちまちまと1作目に取り組んでいるのです。今回のテーマはこちら、ヒンズー教の神様です。黒いニコちゃんマークみたいですね。ジャガナータというお名前です。
a0172884_4135489.jpg



それが今のところこうなっています。つまり、裏返しなのです。神様が裏返しでいいのか、というのは議論の余地のあるところだと思いますが、なんでこうしているかというと、一つには私が宗教画を描くのは気が引けるというのがあります。修行もしてないし、なぞるだけが身の程というものだろう、という気持ちがあるのです。さらに、もう一つ多少矛盾する意見を述べますと、私はガラス絵というのは鏡に映して見るときに一番生きてくるような気がします。ガラスの向こう、鏡の向こう。お手元にガラス絵をお持ちでしたら、ぜひ一度こうして眺めてみてください。特に人物画を自分の後ろの壁にかけてみると面白いですよ。反射に反射を繰り返して、もはや絵ではないようなものになって、そこにだれかいるような感じがします。
a0172884_4163214.jpg



ところで、先日から私の年代物のコンピューターにスパイウェアだかマルウェアだかいうのが入り込み、30秒おきくらいに広告は出てくるわ、ウェブサイトの文章が広告へのリンクだらけになるわ、スピードは異様に遅くなるわで、ひどいことになりました。2~3日はほったらかしていましたが耐えられなくなったので、なんとか調べて取り除きました。使ったのはIO bit Uninstallerという無料のプログラムです。タダだけあって、代わりにギャンブル広告が入って来るようになってしまいましたが、耐えられる程度にひっそりと入るだけで、悪質なプログラムが入っていたのは(一部を除いて)一掃されました。

それにしても、こういう嫌がらせ目的のプログラムはどこの誰が作っているのでしょうね。機械翻訳でない日本語訳も入っているところをみると、日本人の翻訳者も仕事として関わっているようです。彼らに良心はないのか、悪事に加担していることを知らないのか知りませんが、情けない世の中だなと思います。なお、私の場合はJava Updateをしろとしつこく言ってきていて、とうとうそれがないと開けないページまで出てきたので、仕方なく指定されたプログラムをダウンロードしたら、そのときにアップデートそのものは途中で失敗して、この変なプログラムが入ってきました。プロテクションとしてはAviraの無料版のAnitiVirusを使ってますが、スパイウェアには効かないようです。
by ammolitering6 | 2014-03-17 04:38 | Comments(7)

青空の見えない青空市場

今日は一日中雨が降っていました。英語の表現で言えば猫でも犬でも降ってくるという土砂降りです。そんな中、お友達と会う約束をしていたのですが、出かける頃はそれほど降っていなかったので、片道1時間ちょっとの道のりを歩いて出かけました。行き先はこちら、小高い丘の麓にあるスポーツセンターです。テントが並んでますね。
a0172884_910957.jpg



駐車場で冬の青空市場が開かれているのです。どこかもうちょっと雨風をよけられるところがないのでしょうか、ほんとに。寒々しいことこの上ない市場なのです。しかも、着いた途端に大雨になりました。
a0172884_9144574.jpg



しかし、寒いの何のと文句を言っていては北国ではサバイバルできません。防寒防水服と傘でがっちりと身を固めた人々がこの北の市場を行き交っていました。
a0172884_9171768.jpg



ミュージシャンのおじさんは寒くないのかな。
a0172884_9201939.jpg



市場では近郊の農家の人たちが作った野菜とか、小規模生産の加工食品、クラフト、軽食など、だいたいいつものマーケットと同じような顔ぶれの出店が並んでいました。Cちゃんが分けてくれた赤カブの揚げたのがとてもおいしかったです。しかし、こう寒くてはゆっくり楽しく見て回る気にもならず、隣接するスポーツセンター内に逃げ込もうと思って足早に歩いていると、妙なものが目につきました。「犬のシェア」、つまり犬を共有しましょうという趣旨のテントです。しかも、その脇には「パートタイム・ドッグ」とも書いてあります。何のこっちゃ、これはこの前の「猫ミルク」よりもっと謎めいているぞ、と思います。

どうしても気になる、と思って聞いてみたら、これは犬の飼い主が留守をするときなどに利用できるもので、犬が欲しいけど本格的に飼うことはできない人が数日預かる、というシステムだそうです。なんだ、何人かが一匹の犬をたらい回しにして飼うとか、犬が欲しい気分のときだけ犬センターから借りてくる、とかいうようなのじゃないのですね、やっぱり。私もときどき何かペットがいたらいいだろうなと思いますが、何といってもジプシー暮らしなので実際には無理です。ときどきネズミの顔を見に行けるだけでもありがたいことだなと思います。
a0172884_921146.jpg



さて、スポーツセンターの中にはカーリング場があります。今日はCちゃんと一緒に彼女のご主人が試合をするのを見に行ったのです。ここはこの前のところよりずいぶん新しいです。
a0172884_937347.jpg



ご主人がCちゃんに良いところを見せようと一生懸命頑張っているのをほったらかして、お喋りばかりしていました。負けてしまったのはそのせいでしょうか。非常に申し訳ありませんが、この次またがんばってください。一試合終わると、氷の手入れが行われます。まず、こうやって巨大なモップみたいなので氷の上を掃除します。選手の人たちが小さなホウキであれだけ一生懸命掃き掃除をしていても、やっぱり足りないのでしょう。
a0172884_9393391.jpg



さらに、お湯を入れたタンクを担いだ人が出てきて、氷にお湯を撒いていきます。こうすることで氷の表面にでこぼこができて、岩が氷の表面に着く面積が小さくなって滑りやすくなるのだそうです。このお湯の温度にもいろいろ違いがあるそうで、単なる氷掃除にしか見えなかったこのスポーツもなかなか奥の深いものなんだなということが分かってきました。なお、カーリングは夏の間は行われません。屋内だから一年中いいでしょうに、と思ったら、夏は氷の維持費がすごく高くなるからだそうです。
a0172884_9442712.jpg



おまけ。Cちゃんがエッセンシャルオイルのセットを持ってきてくれました。「あげるんじゃないからね、貸すんだからね」だそうです。それじゃあ、と言って空っぽになるまで使って返すわけにもいきませんが、いろいろ試して好きな香りを見つけるのは楽しそうです。Cちゃん、どうもありがとう。 そのうち返すね。
a0172884_9482126.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-16 09:51 | Comments(0)

袋のネズミができました

先日、お友達にこんなのを頂きました。アップルサイダー・ビネガー、つまりリンゴ酢です。これを水で薄めて飲むとよい、ということだったので飲んでみました。酸っぱくて酢の味がします。よく分かりませんが、少し健康になったのだろうと思います。Yさん、どうもありがとう。
a0172884_11391980.jpg



さて、今日はさっそくネズミ三兄弟 、通称おとこ組に会いに行きました。例のネズミ袋をプレゼントするためです。
a0172884_11422192.jpg



入るかな?入ってね。でも積極的に入る様子がないので、奥のほうに餌を入れてみました。
a0172884_1143485.jpg



作戦成功!我も我もと袋に入りたがり、あるいは単に餌を欲しがり、定員2名の小さな袋はネズミでぎゅうぎゅう詰めになりました。
a0172884_11452426.jpg



こちらはネズミの全面的な協力を得て撮影したヤラセ写真です。つまり、無理矢理入っていただきました。ネイト君、ご協力ありがとう。
a0172884_11484918.jpg



チャッキー君にも入ってもらいました。こうして見ると小さいのですが。。。
a0172884_11501444.jpg



上から見るとこの通り。これはもはやネズミではなく、どう見ても鏡餅です。
a0172884_11511162.jpg



セントパトリックデーのお祝いケーキを食べながら、ゆかさんとネズミとアートについて語り合いました。ゆかさんはネズミのお母さんであると同時に絵の修行に励むアーティストでもあるのです。
a0172884_11522890.jpg



ケーキの飾りは、実はプラスチックの指輪です。まさかプラスチックが乗っているとは思わず、うっかり食べてしまいそうになります。
a0172884_11532347.jpg



さて、トラブル続きのCDプレーヤーですが、2台目も壊れていたので返品し、別のお店で違うのを買ってきました。今度はどうやら大丈夫みたいで、ほっとしているところです。まあ、今時の製品ですのでいつまでもつか分かりませんが、それもご時勢なのでしょう。過去1~2年で、太陽電池のランプ3個、ジューサー1台、ミシン1台、CDプレーヤー2台というかなりの数の故障品に当たりました。見かけばかりに気を配り、無駄な機能を山ほど詰め込み、耐久性や使いやすさはどうだってよろしい、というのは、機械に限らずカリユガの特徴であるのだろうと思います。
a0172884_11552514.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-15 12:00 | Comments(2)

某国クオリティー

今朝、街を歩いていたら白い桜の花が咲いているのを見つけました。まだ朝は寒いですが昼間はだいぶ暖かくなってきて、本格的な桜の季節ももうすぐだなと思います。
a0172884_3505723.jpg



火曜日に買ったばかりのCDプレーヤーですが、聞いているとところどころでスキップします。おかしいな、と思って他のCDでも試し、合計5枚で試しましたがやっぱりどれも同じようにスキップします。悲しいかな、不良品だったのです。仕方なく今日、お店に戻って新しいのと替えてもらいましたが、なんと驚いたことに今度はコードがきちんと入らない上に、手で押さえて何とか入れても、うんともすんとも言いません。小さくてシンプルで音も悪くなくてよかったのに、これではお話になりません。こう言いたくはないけどやっぱり某国の製品で、今時はどれもそうなのかもしれませんが、ますます嫌になります。明日はまた返品に行かなくてはなりませんが、3台目を試す気力はありません。。。
a0172884_3512470.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-14 03:57 | Comments(0)

Mrs.W

今日はお友達のYさんと遊びに出かけました。近所の商店街を歩いただけですが、ナチュラル系やエスニック系やヒッピー系のお店がいろいろあってなかなか面白いのです。今日はこのお店を覗いてみました。
a0172884_11245179.jpg



インド風とヒッピー風が混じったベジタリアン料理が並んでいます。お菓子も見た目よりヘルシーが第一という感じのばかりです。
a0172884_11271145.jpg



私が頼んだのは焼いたサモサとスープのセット。サモサの中身はジャガイモがベースで、ホウレン草とフェタチーズが入ってました。客層がインド人でないことから、サモサの中身は全然辛くなくてよかったです。インド人のお店で買うと、これでもかというほど唐辛子が入っていることがあるのです。それにしても、これは要するに巨大なピロシキですね。スープのほうは、まあまずくもないけど、という程度のものでした。特筆すべきことは何もありません。
a0172884_11285311.jpg



Yさんのはこちら。ヘルシー一点張りという感じの料理です。
a0172884_11321817.jpg



あちこちお店を冷やかしながらようやくアパートに着いて、一緒にガラス絵を描きました。Yさんは前回初めてガラス絵を体験して、自分では出来栄えにあまり満足していなかったものの、その後周囲の皆さんたちから口々に作品を絶賛されたのだそうです。それで気を良くして「じゃあ、もう一つ」ということで今日も描きに来たのです。
a0172884_1133435.jpg



第1作目はこちら、Dr.Seussのイラストです。ガラス絵のいいところは、好きなイラストを簡単になぞれるところです。自分で飾って楽しむためなら著作権について考える必要もありません。(販売はできません。)文字が裏返しになるのを気づかずに描いて後でやり直したり、はみだしたところを削り落としたりしながら、Yさんはガラス絵なりの特徴について実地で学んでいました。
a0172884_11361313.jpg



そして第2作。Yさんは今日もやっぱり驚くべきスピードで自信たっぷりにさっさっさっと筆を進めました。これは下絵も何もなく、全くの想像でいきなり筆で描いた町並みの絵です。心の中の町なのでしょうか。奥のほうには教会があり、人が二人歩いている(はず)、そして道の奥のほうは階段になっています。この大胆さと色使いに私は驚嘆を禁じえないのです。Yさんのこの絵は、やっぱり何だか言い知れぬ力強さがあります。
a0172884_11463566.jpg



裏はこうなっています。薄く表面を塗ったあと、背景に金色を重ねました。
a0172884_115212.jpg



ところで今日はこの方がお亡くなりになったことを知りました。最後にお会いしたのはもう5年近く前のことになるでしょうか。その頃もだいぶ足腰が弱っておられましたが、その他には大きな病気もせず、ご自宅のベッドで眠るようにこの世を去っていらしたそうです。

Mrs.Wはお若い頃カナダ軍の通信兵として活躍なさいました。戦場をバイクで走り回るようなこともなさっていたそうです。退役後は軍隊で大砲を撃っていた方と結婚し、ご主人が亡くなるまで軍隊式にきっちりかっちりとした予定表に沿って毎日を過ごされました。朝ご飯は7時、お昼ご飯は12時、晩御飯は5時、と決まっていて、これがちょっとでもずれるとご主人が甚だご機嫌斜めになったからです。食事の内容もだいたい同じで、ご主人は奥様が手作りしたパンでないと絶対に駄目でした。パンを焼くのは重労働なのでパン焼き器で焼いてみたら、そういう手抜きは許されなかったそうです。こんな男は窓から捨てたい、と何度も思ったそうですが、なぜかそうせず最期まで大切にお世話をなさいました。

お二人揃ってハム無線のオペレーターもなさっていました。地域の緊急連絡網の隊長(?)のようなのだったので、庭には巨大な電波塔が立っていました。部屋には大きくて複雑な機械があり、その前で小さなおばあちゃんがマイクに向かって「ラジャー!」などと言ってる様子はなかなか面白いものでした。シュールレアリズムの絵のようです。

彼女のご先祖様はイギリスの貴族で、今もイギリスにはお城があります。イギリス文学を学んだ方なら、リチャード・ラブレースのことをご存知かと思います。有名な詩人ですが、その後の子孫ではバイロン卿の娘でエイダ・ラブレースという方がいて、世界最初のプログラム開発に貢献したことでも知られています。こちらのページに詳しいです。その後、子孫の誰かはイギリスで民衆のための社会運動を起こして逮捕され、投獄か、オーストラリア流しか、はたまたカナダ流しかという選択を迫られました。そこで仕方なくカナダを選んだ彼ははるばるこんな植民地に流されましたが、その後イギリスのその村には彼の銅像が建てられ、今もあるそうです。その後さらに彼の子孫はカナダ建国に何やら大きな功績を残し、何かの称号を与えられました。Mrs.Wは、そんな流れの方なのです。ダイアナ妃のスペンサー家とは遠縁に当たります。

社会的な責任感に溢れ、勤勉で知性的で気品のある方でした。一方では霊能力のある家系でもあり、昔からスピリチュアリストとして働いた人も少なくなかったそうなので、Mrs.Wも娘さんも、見えない世界に近いところにいるような感じがありました。ご主人も亡くなってから後もちょくちょくやってきていたようだし、今では待ちかねていた彼とご一緒に天国で再びハム無線をやってるのか、はたまたパン生地をこねさせられているのか分かりませんが、平安でいらっしゃることは確かだと思います。どうぞ安らかにお休みください。
a0172884_1153463.jpg

by ammolitering6 | 2014-03-13 12:33 | Comments(0)