家で一人で緑茶パーティー

こんにちは。今日は久しぶりにイギリスじゃない写真日記です。イギリスの記事は山ほどあるのをようやく昨日全部書き終えたので、これからも1日1つのペースでご覧に入れる予定です。

バンクーバーはずっと曇りや小雨で肌寒いお天気が続いていたのですが、昨日あたりから急に夏らしくなりました。ということはアイスクリームの季節、ということで、日焼け止めを塗って帽子を被って中華系のスーパーに行き、これを買ってきました。佐賀や福岡の材料を使ったアイスキャンデーなのです。私には地名だけでおいしく感じますが、ほんとにおいしいです。
a0172884_08311410.jpg

それからヨコヤヤという変な名前のお店に行ってお急須を買いました。ダイソーのものをいろいろ置いているお店なのです。日本では300円のものがこちらでは6ドルです。
a0172884_08312357.jpg

そして家に帰って熱い緑茶を飲んで、さらに緑茶入りバナナジンジャースムージーを作りました。材料はバナナ、カシューナッツミルク、粉末しょうが、緑茶、はちみつです。クックパッドで見つけたレシピの通りに作ってみたら甘すぎました。緑茶は乾燥した茶葉をそのまま入れますが、ミキサーで細かくなるので質感は気になりません。

それにしても緑茶、緑茶、また緑茶ですね。
a0172884_08303946.jpg

使っているのはこちらの抹茶入り玄米茶です。前にSさんに頂戴したものの、それほど減っていなかったのを急激に消費しているのです。これには実は理由があり、今度あるところで日本産の緑茶に関するワークショップを開くことになったのです。我ながら、ほんとに見境なくいろんなことをやってると思いますが、私はもともと何年もお茶の専門店で働いていたので、久しぶりの本業復帰と言えるかもしれません。

ワークショップの場所は、雰囲気がやや荒んでいるために女性利用者の少ない公民館です。そこで、女性にももっと気軽にきてもらおう、何とかしておびきよせよう、そうだ、女性限定で緑茶ワークショップはどうだ、と誰かが思い立ち、それを聞いた私が厚かましくも「それじゃあ私が」と手を挙げたわけです。

どんな内容にするのか今いろいろと考えているところですが、あまり専門的にせず、カナダの普通のお店で簡単に手に入る緑茶を使った簡単アレンジを中心にしようかと思っています。
a0172884_08320148.jpg

同じ茶葉を使って冷茶を作ります。
a0172884_08301821.jpg

はちみつレモンを割ってみると、さわやかでとてもおいしいです。
a0172884_08313329.jpg

冷茶はこういうきれいなボトルに入れるといいかもしれませんね。
a0172884_08314369.jpg

それからこれは緑茶ミルクティー。普通のチャイと同じ要領で、同じタイミングで甘みもつけて作ります。紅茶で作るのよりもさわやかな感じにできあがりました。でも茶葉の量はもっとずっと多くてもいいな、という感じでした。

ガラスのコップに入れていますが、熱いミルクティーです。ガラスに熱いものだと割れる!と心配になりますが、別に耐熱ガラスでなくても厚手のであれば大丈夫です。その際、最初は少しだけ入れてぐるぐると回してコップ全体を温め、それからゆっくりと注いでください。冬などコップそのものがとても冷たいときは、特に注意してゆっくり温めてください。

なお、背景におわすのは恐れ多くもバッキンガム宮殿の模様が入った布巾様でいらっしゃいます。台所のカウンターの粗隠しなどに使ってしまって、まことに申し訳ございません。。。
a0172884_08305232.jpg

ミルクティーを作った後の茶殻を使って「ジャム」を作ってみました。これもクックパッドのレシピですが、茶殻を刻んでオイルと塩と蜂蜜を入れる、というものです。オイルはココナッツオイルを使いました。

これは何というか、まずいということもないのですが、茶葉独特の「ああ、葉っぱだな」という感じの繊維が口の中に残り、何もわざわざ食べなくても、という感じでした。茶殻を食べるのは栄養という面では良いのですが、食感でお好みが分かれると思います。ケールが好きな方なら大丈夫だと思います。味そのものは、もともとのお茶の種類によってかなり違います。
a0172884_08310376.jpg

逆に、これはいい!と思ったのは茶殻納豆です。茶殻は細かく刻んでおきます。タレとカラシも入れてよ~く混ぜると、葉っぱが全然気にならなくて味に奥行きも出て、これはわざわざご飯を炊いて食べたいほどでした。お勧めです。念のため、茶殻は生ものなので腐りやすいです。できるだけすぐに使ってしまうか、冷蔵庫に入れてもせいぜい1~2日、そうでないなら冷凍して保存してください。
a0172884_08300558.jpg

それからこれは昨日がんばって作ったものですが、何かというと、、、
a0172884_09064775.jpg

タニーちゃんの卵の孵卵器なのです。粒々が気持ち悪いという方のために、半透明のプラスチック蓋を通した卵をご覧に入れますね。カバーを取ったら、もっとつやつやして色鮮やかできれいです。

タニーちゃんの卵は水槽の蓋の裏にくっついていたのですが、先日私がフタに何かぶつけた拍子に水の中に落ちてしまいました。水に浸かると卵は死んでしまうのであわててすくい上げ、いそいでこの卵用のおうちを作ったのです。

この卵は5月16日に生まれたもので、2~3週間で孵らなければ今回も全滅です。でも、過去の失敗から湿気が大事ということが分かったので、こういう湿度の高い状態においておけば無精卵でない限り孵化するんじゃないかと思います。小さいタニーちゃんがたくさん生まれたらかわいいだろうなあと思って期待しているところです。
a0172884_09065918.jpg

Commented by ゆか at 2017-05-23 13:16 x
葉子ちゃん、素晴らしいアイディアの数々ですね。
私も早速、茶殻を取っておいて納豆に混ぜてみます。
みなさんにとっても使えるレシピばっかりだと思います。
さすがですね。

タニージュニアのお家もいいですね。ちっちゃい卵が無事に孵ってくれますように。私も楽しみにしています。
Commented by ammolitering6 at 2017-05-24 09:43
お茶殻納豆、ほんとにおいしいですよ。どれもクックパッドから拝借してきたアイディアばかりですが、基本的にはホウレン草やケールを細かくして使える料理には何でも応用できそうです。インド料理のホウレン草カレーなんか良さそう。

ワークショップ前にクッキーやチーズケーキも焼いて見るつもりです。

タニージュニア、今度こそ孵りますように。一緒に楽しみにしていただけて嬉しいです。
by ammolitering6 | 2017-05-10 11:14 | Comments(2)