ロンドンに行きました 1日目 2

バンクーバーからロンドンまでの飛行は10時間くらいです。空港に到着したのは午後の2時くらいだったので、4時前くらいにホテルに着いて、荷物を置いてから出掛けました。ホテルのすぐ近くにはとても感じのよいガーデンがあります。もともとはこの近所の人たちの共有のガーデンだったと思うのですが、一般家庭がほとんどない状態になってしまったので、今は一部の人たちだけが使えるプライベートガーデンです。中にはテニスコートもあります。
a0172884_11014124.jpg
駅の近くに行ってみました。さっきのお城のような駅の建物のすぐ隣なのに、ずいぶん雰囲気が違います。
a0172884_11041100.jpg
通路。
a0172884_11052280.jpg
そうかと思えばやっぱりお向かいにはこういう建物があり、、、
a0172884_11055545.jpg
スターバックスが潜んでいたりします。
a0172884_11063369.jpg
お菓子類はカナダに輪をかけて地味ですね。
a0172884_11071985.jpg
ここでも行列しないで済むように携帯を使ったオーダーを勧める看板がありますが、「行列」を意味する「ライン」がイギリス英語の「キュー」になっています。

コーヒーを頼んでみたら、薄いです。そして、ミルクや砂糖を置いてある台に行ったら、クリームがない!某氏も私もコーヒーにはクリームが好きなので聞いてみたら、「ホイップクリームならあるけど」ということで、わざわざ出してくれました。このあとも、どこに行ってもミルクしか置いてなくて、頼めば何かしらのクリームを出してくれるところもありましたが、「無いものは無い」とばかりに冷たく却下されることもありました。
a0172884_11074954.jpg
駅のすぐ横の別の建物には、くたびれた若者たちがキューを作っていました。何事だろうと思ったら、ここは旅行会社で、翌日の朝から特別セールをするのだそうです。バックパックで世界を安く放浪して回ろうとする若者たちがまだまだたくさんいるものと見えます。
a0172884_11082961.jpg
新と旧が隣り合わせどころか融合して同居している街、ロンドン。
a0172884_11100342.jpg
どことなく東京を思わせる一角。
a0172884_11104977.jpg
雨が降ったらどうするのでしょう?しょっちゅう降ってると思うのですが。。。
a0172884_11114895.jpg
アート作品もあります。
a0172884_11141126.jpg
近代住宅のお手本みたいな建物。
a0172884_11121856.jpg
こういうふうに壁に何かぎっしりと植えてある建物も多かったです。根が隙間に入り込んで建物にとっては負担になるツタと違い、こうして土台を作ってわざわざ植えてあるものは大丈夫なのでしょう。手入れが大変そうだな、という気がしますけれど。
a0172884_11133326.jpg
ふと見るとこんなふうな異世界があり、ちょっと先に行って戻ってきたら二度と見つけられない、、、
a0172884_11125015.jpg
赤いパブ、、、パブというのはイギリス風の居酒屋のようなものです。お酒とちょっとしたつまみだけ出す部分と、レストラン部分とに別れている場合が多いです。イギリスのパブにはなんだかよく分からない変な名前がついている場合が多く、どこのパブにも独自のイラストをほどこした看板があります。(イラストではない場合もありますが、何かしらの目印を戸口の上に出してあります。)
a0172884_11152304.jpg
赤い電話ボックス。今時は公衆電話を使う人も少ないのですが、ロンドンの場合はこれが観光資源になっているので、あえて残してあるのです。ATM機のボックスに転用してある場合もあります。
a0172884_11161017.jpg
赤い郵便ポスト。
a0172884_11164075.jpg
いかめしいドア。これはどこかのホテル横のドアです。
a0172884_11175902.jpg
どんよりとした不安定な空、レンガの建物、赤いポスト、蝶ネクタイの紳士。自動車の型が違えば、100年前の景色とあまり変わっていないのでしょう。
a0172884_11212363.jpg
とにかくあっちでもこっちでも工事をしています。これは古い建物の壁だけを残して中身は丸ごと作り直しています。こういうのはものすごく大変な工事で、高くつくのだそうです。
a0172884_11195080.jpg
こちらの工事現場ではシートがやたらと凝っています。
a0172884_11222573.jpg
ウェストミンスター大聖堂の前を通りかかりました。イギリス最大のカトリック教会の教会堂です。中には入ってません。
a0172884_11215402.jpg
時計台。どことなく蒸気機関車みたいですね。
a0172884_11225471.jpg
どっちを見てもこっちを見ても、わ~!素敵~!というものばかり。。。
a0172884_11232648.jpg
うろうろしたので当然のように迷っていたら、某氏がこのお店の前で立ち止まりました。
a0172884_11240992.jpg
すばらしいイギリス料理の店、と書いてあります。
a0172884_11253858.jpg
一階部分はお酒専門です。
a0172884_11260714.jpg
私たちは2階に上がって、ここで夕食です。
a0172884_11274416.jpg
あるビール醸造会社の系列のチェーン店なのです。
a0172884_11264487.jpg
嬉しい某氏。彼はイギリスが大好きなのです。ビールはぬるくて泡が少ないのがイギリス式です。
a0172884_11290970.jpg
パブではポーランド人のサーバーのお兄さんがビールや料理を持ってきてくれました。某氏のはラム(子羊肉)とローズマリー(ハーブ)のパイ、、、
a0172884_11304309.jpg
私のはスイートポテトとスティルトンチーズのパイです。スティルトンというのはかなり臭いチーズで、イギリス人はこれが大好きです。女王様も大好きだそうですが、これはたくさん食べると妙な夢を見るチーズだと聞いたことがあります。イギリス人というのは全体的に妙な人たちだという印象ですが、それはやっぱり妙なものを食べているからかもしれません。
a0172884_11314668.jpg
切ってみました。高さがあるパイなのです。イギリスそのものという感じの料理ですが、私の好みかというと、うーむ、毎日たくさん食べたくはないですね。
a0172884_11343025.jpg
帰りもやっぱり少し迷いながらホテルに戻りました。ご覧ください、この景色。どっちに曲がってもこれなのですから、迷うのも当然というものです。
a0172884_11353508.jpg
長かった一日だか二日だかも終わり、ようやくまともなベッドで眠れる夜です。窓からはテムズ川の向こうの今は使われていない発電所が見えます。ロンドンの皆さま、女王様、おやすみなさい。
a0172884_11361210.jpg

Commented by みち子 at 2017-05-08 21:16 x
葉子さん、お帰りなさい。早速 たくさんの写真、時間がなくて未だ見てません。これからゆっくり見ます。
Commented by ammolitering6 at 2017-05-08 23:25
次に行けるのはまた30年先かなどと思い、ここぞとばかりにたくさん写真を撮ってきました。山ほどあるので、どうぞゆっくりご覧くださいね。
by ammolitering6 | 2017-05-08 12:30 | Comments(2)