アースデーのボランティアに行きました 1

昨日はアースデー、つまり「地球の日」という環境保全の日だったので、ある方に誘われてボランティアに行ってきました。そのある方というのは私のキノコ友達であり、コ・デザインのボランティア友達であり、地元の大学で環境学の研究をなさっているJさんです。Jさん、お誘いありがとうございます。

具体的に何をしたらいいのかさっぱり分からないまま、とりあえず会場に向かいます。このときのお天気は曇りで、やや肌寒いかな、そうでもないかな、という感じでした。ここの駅で降りてバスに乗ったのですが、ダウンタウンの中心地からわずか15分ほどの駅で、、、
a0172884_04324853.jpg
駅前がこんなに閑散としています。バンクーバーの都市圏の人口は現在230万人程度だと思いますが、それでこんな状態ということは、いかにこの国が車社会であるかということを象徴しているような気がします。それも、市内を走る鉄道は一社しかなく、路線は2本とか3本とか、そんな状態でこれなのです。フェンスで囲ってあるところを見ると、たぶんここにもビルが建って一階が商店街になるのでしょうけれど。
a0172884_04325604.jpg
こういう感じの住宅がずーっと続いて、バスを降りてからはさらに10分ほど歩きます。
a0172884_04330502.jpg
これは途中で見たレンギョウの花。
a0172884_04331228.jpg
着きました~!森を残して公園にしてあるところがあり、その中の広場が会場です。
a0172884_04332318.jpg
公園の入り口の駐車場のところから中へ入ります。前を行くおじいさんもボランティアの一人です。
a0172884_04333313.jpg
公園入り口にある案内板。ごちゃごちゃしてますね。地面の上に幾つか置いてあるのは犬の水飲み用のボウルです。脇に白いのがぶら下がっているのは犬の糞を入れるための袋。その他にも犬の散歩サービスとかペットフードの宣伝とかがあり、とにかくここは犬の天国なのだなということが分かります。
a0172884_04334680.jpg
ポスターもあるので見てみると、地元の大学が有用な菌を使った樹木育成プロジェクトを行っているそうです。
a0172884_04335738.jpg
外来植物を排除して地元の植物を植えて、その外来植物がどれくらい激しく反撃するか、という研究もあります。
a0172884_04340550.jpg
こちらの看板はわりとあちこちで見かけますが、このあたりにはコヨーテが住んでますよ、共存しましょう、というもの。
a0172884_04341308.jpg
木を見上げると鳥の巣箱のようなのがありましたが、入り口が見当たりません。この箱はいったい何なのでしょう?
a0172884_04342435.jpg
森の潅木にも花が咲き始めました。なお、「潅木」は「かんぼく」と読み、3メートル以下の低い木を指します。英語では「ブッシュ」と呼ばれます。これはエルダーという木で、日本語ではニワトコという名前です。
a0172884_04345471.jpg
その花がこちら、エルダーフラワーです。香りもいいし薬効もあるということで日本でも栽培を試みる人もあるようですが、花以外の部分は全体が有毒なのでご注意ください。
a0172884_04350870.jpg
本会場に行く途中の風景。下草が全部取り除かれていますね。先ほどの外来植物の研究のための一環だと思うのですが、、、
a0172884_04343565.jpg
それを取り除いていない状態がこちら。ヒマラヤ・ブラックベリーという植物で、ものすごい繁殖力があるのです。取り除く作業は地元のボランティアの手も借りて行われましたが、いや~、私のはそんなボランティアでなくて本当に良かった、と心の底から思います。トゲが剣山並みにものすごいのです。
a0172884_04352330.jpg
下草を取り除いたエリアの一部では、今日のイベントの一環として植林が行われました。どれも地元に自生する潅木ばかりです。
a0172884_04353686.jpg
こちらは同じエリアに2015年に植えられた針葉樹。
a0172884_04354723.jpg
ふむふむ、こんな感じなのね、と思って、その先にある会場に向かいます。椅子やテーブルは既に持ち込まれていました。
a0172884_04355876.jpg
Jさんが作業用の皮手袋を貸してくれましたが、えらく使い込まれていますね。
a0172884_04361060.jpg
主な仕事はこちら、テントの設営です。借りてきたテントなので誰も仕組みがよく分かってなくて、チンパンジーの集団が知能テストを受けている気分でしたが、、、
a0172884_04362774.jpg
人類の英知を結集して何とか解明し、、、
a0172884_04364491.jpg
めでたくテントが出来上がったのでした。
a0172884_04365652.jpg
作業監督はこちらのほっそりした方です。
a0172884_04371305.jpg
結局全部で10個(?)くらい建てて、あとはそれぞれのテントで展示をする人たちがセットアップ作業にかかりました。
a0172884_04372391.jpg

by ammolitering6 | 2017-04-24 05:29 | Comments(0)