タニーちゃんと食べるごはんの味は

ある人物に果物を食べさせようと思い、こんな風に用意しました。3歳くらいの子供に与えるのかな、という感じですが、これが実は某氏のためなのです。彼は果物が嫌いで、しかし見たくもないほど嫌いなわけではなく、食べるのが面倒くさいし汁が飛ぶから手がべたべたになって嫌いだ、という怠け者です。そのため、どうしても食べさせたかったらこうやって小さく切って、皮も種も取って、フォークを添えてあげないといけないのです。

何もそこまでしなくてもよろしい、とは思うものの今日は暇だったので用意してみたのでした。なお、某氏がすすんで食べる果物も一応あり、それは唯一、バナナです。科学者のみなさん、遺伝子操作でバナナ型のミカンやキーウィやリンゴを作っていただけませんか?たぶん、ものぐさなおじさんたちに大うけすると思います。
a0172884_10065108.jpg

お昼にスコーンを焼いてみました。期限切れのスコーンミックスで作った手抜きスコーンですが、それでもオーブンから焼きたてのが出てくるのは嬉しいものです。バターはバタークロックで柔らかくしているので、簡単に塗れて便利です。
a0172884_10090779.jpg

一応ちょこっと割れてますね。お味のほうは、はっきり言ってあんまりおいしいものでもありませんでした。
a0172884_10093170.jpg

テーブルの上にはもちろんタニーちゃん。水槽のライトは一日数時間つけていて、食事のときにもつけて食卓のランプとして使っています。タニーちゃん、人工のライトでリズムを壊してしまってごめんね。

手抜きスコーンのお昼でも、かわいいタニーちゃんたちの様子を見ながら食べるととてもおいしく感じられます。みなさまも食卓にタニシを置いてごらんになりませんか?
a0172884_10100314.jpg

by ammolitering6 | 2018-02-07 10:27 | Comments(0)