腕編みマフラー(作り方ビデオを載せました)

こんにちは。久しぶりに編んだもの紹介です。これまでも実はちょこちょこといつもながらにマフラーを編んでいるのですが、あまりにも進歩がなく同じようなものばっかりなので、特に写真を撮っていなかったのです。動画サイトで鑑定団を見ながら編むのが日々のささやかな楽しみになっています。

ところが今回のはちょっと違います。太い毛糸を二重にして、編み棒の代わりに腕というか手首のところを使って編んでいます。うまくいけば30分くらいでできますが、糸が絡まったり、最後に足りなくなってほどいた拍子にわけが分からなくなったり、少々の難関があって1時間以上かかりました。最後に端っこと端っこをつないで輪にしています。それにしても、なんとまあ安直なマフラーであることか。。。ふわふわして軽くて暖かいのはとても嬉しいけど、なんとなく昔のレース編みや縫製が丁寧だった昔の洋服など思い出してしまい、こうして時代の流れと共になんでも簡略になっているのだろうなと感慨にふけったことでした。

しかし、、、こうしてみると私のセーターはえらくぼろぼろですね。もともと古着の安物ですが、すっかり作業着になっているのです。
a0172884_3394456.jpg



ところで、わざわざこんな地味なサイトにおいでくださいました皆さん、ありがとうございます。どういうわけだか分かりませんがこの記事ばかりやたらと大人気なのでなんでだろうと思ったら、「腕編み」で画像検索するとこの写真が一番に出てくるからなのですね。いったいなぜそんなことになっているのか不思議でなりませんが、それはそれ。皆さんきっと立派な編み物サイトだろうと思って訪れてくださったはずなのに編み方の説明一つなく、ほんとにすみません。

そういうわけで、これを作るときに参考にしたビデオを載せておきます。この通りにしたらたとえ私でもできる、というビデオです。英語で書いてありますが、手の動きを見ているだけで十分分かりやすいです。私は数年前にある方に無理矢理編み物を教えこまれました。いやです、編み物なんて難しそうだからしたくありません、と言ったのに、4歳のときから編んでてキャリアは80年というおばあさんは私の抗議など聞き入れてくださいませんでした。編み棒を持たされ、宿題まで出され、泣く泣く一番簡単なガーター編みというので数段編んでみたところ、その単調さにすっかり魅せられてしまったのでした。こうして私はマフラーを編めるようになりましたが、あいにくその後の進歩はほとんどありません。ちょっと難しくなるとすぐに挫折するので、あいかわらず簡単なものしか作れません。それでも、こうして毛糸と遊んでいる時間というのは楽しいものです。こちらのビデオを見ながら、皆さんもぜひ作ってみてください。ほんとにふかふかして温かいマフラーです。

Commented by みち子 at 2014-04-11 08:31 x
簡略になったと言うけど、服に合わせるとすごくステキになるんじゃないかしら。 こんなマフラーは見たことがない。 で、一体、何本くらいマフラーを持っているんですか?
Commented by 葉子 at 2014-04-11 09:27 x
そうですねえ、今の手持ちで30本というところでしょうか。やまたのおろちが4~5匹いても全部の首に行き渡るかもしれません。今回のは、今からの季節にはちょっと合いません。秋になったらこれに合うコートを探してみるのもいいかもしれませんね。そういえば、私は最近、祖母が着ていた古い着物の外套を着ています。えりのところが四角くなってるあれです。なかなかいいですよ。
by ammolitering6 | 2014-04-11 03:35 | Comments(2)